sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーリンク



連載中:まぁるい地球にありがとう!

命の繋がりの中で生きる私の命

thanks_earth.jpg




スポンサーサイト





第7回   命の繋がりの中で生きる私の命

《過去の掲載》
第1回:繋ぎ繋がれた私の命
第2回:人類皆兄弟。ワレワレハ地球人。
第3回:アンテナの赴くままに
第4回:自由に生きたい
第5回:《森の動物たちの会議》テーマは”ニンゲンのゴミ問題”
第6回:《森の動物たちの会議》終わることのない輪の中で繋がっていこう”


まぁるい まぁるい まぁるい 地球に乗って
ぐるりと この宇宙を浮遊しよう

おいしいもの大好き。
そう、僕は食いしん坊のイノシシ。

おいしいものを探し求める 食いしん坊。

ブヒブヒ。
おいしい。
ブヒブヒ。
おいしい。

大きな石を鼻で動かすと、そこにはミミズやら虫やらがぞろぞろと出てくる。

mimizu.jpg

おいしい。
ブヒブヒ。
おいしい。
ブヒブヒ。

イノシシはその鼻で土を掘り、植物の根を食べる。

roots.jpg

おいしい。
ブヒブヒ。

雨のあとにはキノコを食べる

kinoko.jpg

おいしい。
ブヒブヒ。

土の中で眠っていた幼虫を食べる。

おいしい。
ブヒブヒ。


おいしいもの大好き。
そう、僕は食いしん坊のイノシシ。
この山にある、あらゆるおいしいものを知っている。

そしてよく晴れたある日

猟師が鉄砲で僕を撃った。

僕は猟師に捌かれて
ぶつ切りにされて、
大きな鍋に入れられて
グツグツと煮られた

pot_inoshishi.jpg


猟師はおいしそうに僕を食べた。

僕は、漁師のおいしい、おいしいご馳走になった。

命は巡る。
巡り、巡られる。

命の繋がりの中で生きる私の命。
この命にありがとう。
そして私を支えるたくさんの命、ありがとう。


スポンサーサイト


スポンサーリンク



暮らしのエッセイ

小鳥と共に暮らそう。「庭の鳥」と「カゴの中の鳥」。

第21回   小鳥と共に暮らそう。「庭の鳥」と「カゴの中の鳥」

PA030370.jpg

小さい頃から、我が家ではいつも小鳥を飼っていた。

一番初めに迎えた小鳥はセキセインコ。私はまだとても小さかったのでうろ覚えだが、黄緑色と黄色が可愛いその子を、父は「武蔵」と名付けた。

その子が死んだ後、また同じ色のインコが来て、父はその子にも「武蔵」と名付けた。

小学校の頃、親の知り合いが手乗りインコを拾ったのを譲ってもらった。
淡い虹色のとっても美しいそのセキセインコに父は「周作」と名付けた。
私はこっそり父のネーミングセンスを楽しんでいた。

肩に周作を乗せて、友人の家に遊びに行っていた当時小5の私は、その日も肩に周作を乗せて友人の家に遊びに行っていた。そして、その家の猫に噛み殺されてしまった。一瞬に起こった事故だった。猫のいる家にインコを連れて行ったことが、悲劇の始まりだった。何度も後悔をしたけれど、もう周作は戻らない。

瞼が持ち上がらないほどの悲しみの後、その友人のお母さんに真っ白のセキセインコのヒナをいただいた。優しい人だ。そのインコを妹がグレーテルと名付けた。そして父がもう一羽セキセインコを買ってきた。黄色と黄緑が可愛いその子は今度はヘンゼルと名付け、我が家のアイドル的な存在となった。

飼ってすぐにヘンゼルは逃げてしまい、グレーテルは10年以上、みんなに愛されて生きた。



スポンサーリンク



さすらいphoto

参加者の方の作品も掲載!〜地球のかけらで作るワークショップ・レポート〜 2017年日本滞在記(2)

日本滞在記 第2回: 〜地球のかけらで作るワークショップ〜

《バックナンバー》
・日本滞在記 第1回:〜家族〜 →リンク

CIMG2631.jpg

今回の帰国の前に、計画している試みがあった。トランスカイの我が家でノートに思いついたことを走り書きして、その計画をどんどん形にしていく。

私が今回の日本滞在でやりたいシソドワの活動は4つ。
「ワークショップ」、「参加型トークライブ」、「作品展」・・・そして「旅」。

・シソドワオリジナルの天然素材ビーズで作るワークショップ
・本当の豊かさを考える。参加型トークライブ
・シソドワ作品展
・地球の上でのんりび暮らそうよツアー

こんな感じかな。



スポンサーリンク



さすらいphoto

 〜家族〜 2017年日本滞在記(1)

トランスカイの空気は相変わらず濃厚だ。空に手が届きそうになる。私は7週間ぶりに日本からトランスカイに戻ってきた。

トランスカイのウムタタ空港には、飛行機は私たちが乗ってきたそれしかなかった。それほど小さな空港でも、ないよりはマシである。十数人の乗客と共に小さな旅客機から階段で降り、トランスカイの空気を胸いっぱい吸い込む。たった数週間しか離れてなかったはずなのに、不思議と、とても懐かしい気持ちになる。

荷物を受け取り、到着出口から出ると、嬉しそうに現れた夫セコとサナとンペポ。子供たちのはにかんだ笑顔に胸が締め付けられる。私たちは笑顔のままギュ〜〜っと固く抱きしめ合う。7週間、どれだけ彼らが私のことを恋しく思っていてくれたのかを感じ、心があったかくなる。私も同じように彼らのことが恋しかった。

実家を出発してから、移動しっぱなしの2日間。ようやくトランスカイに到着だ。家に着いて、お土産を広げ、日本の話に花がさく。家族みんなが日本の話に興味津々だ。セコが愛情を込めて作ってくれた夕食を食べてお腹がいっぱいになると、一気に眠気に襲われ、子供達と共に眠りについた。7週間ぶりの我が家。気持ちのいい眠り。

翌朝、不思議な気持ちで目が覚める。なんだか日本にいたことが夢のようなのだ。私は部屋の天井を見上げて、ぼーっと想いを巡らす。母の手料理、小倉の騒々しい銀天街、日本で会った人たちの顔・・・。つい数日前までの出来事が遥か昔のことのようだ。外からは「コッケコッコー」と鶏の鳴き声が響いている。

時間の流れ、空気、人、文化、全てがあまりにも違いすぎて、この地球に今この瞬間、日本が存在していることが、不思議に思えてくる。あの湿度をたっぷりと含んだ日本の夏。蝉の声。目まぐるしく過ぎていく時間。そして昨日のように、そこにいた私を思うと、なんだか現実味がない。いや、それは本当に夢のような7週間であったのだ。

CIMG2706.jpg
(写真:天草へ家族旅行)





スポンサーリンク



暮らしのエッセイ

参加型トークライブ@ 行橋 in 福岡

先週8月8日・9日・10日で福岡県行橋市の田園地帯の中にひっそり佇む三日月キッチンで作品展を行いました。
雨と晴れを繰り返す不安定な天候の中、足を運んでくださった方々、本当にありがとうございます。

最終日のトークライブの様子と随時受付していたワークショップの様子をお伝えします。

CIMG2608_20170813212157172.jpg

トークライブは"参加型"で行いました。今回は大人8人参加という少人数だったため、参加者の方も積極的に参加してご意見が言える、気軽であり、とっても深い時間になりました。

講演というと、ついついゲストスピーカーがいて、参加者がいる、って構図ですが、私はやっぱり参加者の人もゲストになって欲しい。というのは誰でも生きていく中で、人生の哲学を持っていて、自分なりの豊かさと向き合いながら生きていると考えるからです。

もちろん私のアフリカの暮らしや、旅の経験などの話を楽しみに来ていただいている方もいらっしゃると思いますので、ヒッチハイクの旅で私が身につけたこと、感じた世界観、そしてシンプルなアフリカの暮らしなどもお話します。

私は海外に出ることは、日本の外で起こっていることを見る貴重な体験だと思うと同時に、日本を外側から見つめることができるようになるという面も持っていると思っています。
日本の素晴らしさ、日本の文化、日本人のこと、そして日本の価値観の狭さ、私は海外に出て、そのようなことをたくさん感じました。その体験もトークライブの中でシェアしています。

CIMG2624.jpg

私の考える「本当の豊かさ」をお話したところで、参加者の方にも本当の豊かさについて話していただきました。

今回は、お寺の方、ワーホリ時代の友人、元看護婦さん、70代の刺子の作家さん、薪を使い田舎で自給自足に楽しく取り組むご夫婦、子育て中の方、子供がある程度大きくなった方、などなど、いろんなライフスタイルの方にお集まりいただきました。

これだけ少人数で、これだけ多様なライフスタイルが見えれるのか、と正直感動しました。

参加者の方々も、いろんな人の豊かさに触れ、また日常ではそのような違ったライフスタイルの方と豊かさをシェアすることなどもないので、貴重な機会になったのではないでしょうか。

主催者である店主のそらたまさんのMCが入るまで、トークは大盛り上がりをみせ、なかなか終結することがありませんでした(笑)2時間で終わる予定が3時間弱かかってしまったことをお詫びします。20名以上となる大人数だとなかなかここまで一人一人がしっかり参加することができないので、今回は少人数のよさを感じました。

IMG_2221.jpg

ランチにはそらたまさんのおいしいマクロビ料理。玄米おにぎりと彩り良い夏野菜が並んだワンプレートは、とってもおいしいかったです♪

トークライブを開催するのは、実は私にも得ることがあるからです。人は一方的に誰かを助けることはできないと思っています。トークライブを通じて私も自分の生きている道や、考えていることを再確認し、また参加者の方の新たな知恵をいただける豊かな時間となりました。私ができることは、心を開いてきてくれた方と繋がり、分かち合うことだと思っています。

トークライブが終わると、ワークショップに参加してくれる方も。

その後友人の人形作家クサボンやミキちゃんも来店してくれ、ワークショップが始まりました。

CIMG2627.jpg

シソドワオリジナル天然素材ビーズを使い、ビーズ選びをします。

「じゃ、これ!」とすぐに決まる方から「え〜〜〜〜・・・どれにしようかなぁ〜〜」と時間をかけて選ばれる方、いろんな参加者の方がいて、本当におもしろいものです。

選んだビーズもなかなか個性がでる!

CIMG2634.jpg


ビーズが決まれば、チマチマと作業に入ります。


CIMG2637.jpg


みなさん、とってもお上手!!(今回参加者の方が製作したのはピアスのみです)

3日間お世話になった そらたまさんもワークショップが終わり、キーホルダーを作ることに。これまたおもしろいものができました。

CIMG2638.jpg


参加者のみなさん、そらたまさん、とっても素敵な3日間となりました。
本当にありがとうございます。
今回の「地球のうえでのんびり暮らそうよツアー」、改めて人の心の優しさに触れ、愛に触れています。これからもまだまだツアーで回りますので、これからお会いする方、楽しみにしています!

One Love! One Heart! Let's get together and feel all right.


これからのイベントのお知らせ

以下はこれからのイベントのお知らせになります。
まだ参加されてない方は要チェック

《山口県・長門市》
cafe&pottery 音→リンク
トークライブ : 19:00〜21:00
〒759-4103 山口県 長門市山口県長門市深川湯本1261-12
※トークライブ、作品展のみになります。


《福岡県・小倉北区》
一生もんショップ緑々(あおあお)→リンク
開催日:8月18日(金)〜20日(日)
3日間の展示会となります。シソドワの新作が並びます。
展示会の間は全日在店いたします。
ワークショップは随時開催中。お時間のよろしい時にお越しください。
トークライブは8月19日(土)19:00〜


《福岡県・小倉北区》
ペットライフサポートdogstep→リンク
開催日:8月22日(火)
ワンちゃんのサポートをしてくれるお店です。犬同伴でもご来場いただけます(もちろん同伴でなくても可)。詳しくはリンク先へ。
※トークライブ、作品展のみになります。


《神奈川県・鎌倉》
ゲストハウス亀時間

開催日:8月26日(土)
ワークショップ:10:30am~12:00
トークライブ:13:00~14:30
申し込み→リンク

ワークショップとトークライブは26日に行ってます。また8月24日〜26日までゲストハウス亀時間に滞在してます。関東に来ることなんて本当に稀なので、しばらく連絡をとってない友人、ブログを読んでくださってる方、最寄りの方は是非遊びに来てください。 シソドワの新作も並びます。


《東京・六本木》
第50回海外日本人交流会in 六本木→リンク
開催日:8月27日(日)
場所:六本木セミナールーム
日比谷線六本木駅2番出口から徒歩30秒
トークライブ:14:00~16:00
※トークライブ、作品展のみになります。

以前私の暮らす南アフリカの東ケープ州で暮らしていた育真くんが主催するイベントです!



スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。