sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


sisodwa さくひん・工房

お金ではない価値のあり方を考える「庭に果樹を植えよう」2017年ガヴァピアス

IMG_6478.jpg

earth_kobo.jpg




シソドワの作品で使われるビーズには私が歩き回って収穫している木の実や、鞘などの他に、日常的に暮らしの中で食べている種がある。

オリーブの種、アボカドの種、びわの種、桃の種、ライチの種、ナツメヤシの種・・・・。

木の種は大抵硬い。もしくは乾燥させると硬くなる。美味しくその果実をいただいたら、大切にその種を洗って、乾燥して、亜麻仁油や、彫刻などを施す。種の形は一つ一つ果実によって違う。その種を見るだけで幸せな気分になる。

我が家にはユーカリや、ネズミモチの木の他に、桃の木や、桑の木、ガヴァの木などの果樹もいくつか植わっている。この果樹は私がお嫁に来た時から植わっていた木で、毎年おいしい果実を私たちに与えてくれる、季節を感じるのに欠かせない存在だ。

IMG_6475.jpg
(我が家のガヴァの木)

中でも庭の真ん中にあるガヴァの木は、子供たちの格好の遊び場。子供たちが上手にこの木に登るのを見ると、この木が優しく子供たちを育んでくれているかのようだ。木は声こそ出さないが、そこにある生命力は他の生き物に負け劣らないものを持っている。実はこのガヴァの実がシソドワの作品に生まれ変わるのだ。

IMG_39490_2017060500115713e.jpg

「暮らしのエッセイ:続・おんなのこ」→リンク


通常ガヴァの木はトロピカルな海岸沿いに植わっているのだけど、私の住む内陸でも育つことが可能だ。しかし果実の時期は海岸沿いより少し遅れて、7月頃(南半球は真冬)が食べごろ。

5月から6月にかけての今は、小さな緑色のガヴァの実が木に付き、少しずつ大きくなる。このガヴァの実がまだ小さい時期に、私は傷のないものを選び、収穫する。

IMG_5954.jpg
(収穫したてのガヴァの実)

その後、天日干しすると真っ黒に変色し、硬くなる。そしてそこに亜麻仁油を塗り、彫刻刀でいろいろな柄を掘っていく。

IMG_6473.jpg

実は学生の頃、美術の授業が大好きだった私は、中でも彫刻が好きだった。彫刻刀を使って掘っていく作業は、ある種の瞑想の時間だ。集中して続けていると、作業をしながら、違った次元へいくことができる。

IMG_6862.jpg



スポンサーリンク



sisodwa さくひん・工房

「人を救うのではなく、愛の循環の中で生きる」銅の雫ピアス2017年

IMG_6004.jpg

earth_kobo.jpg




アクセサリー作りが楽しくてしょうがない。

少し前のブログで紹介した"旅するビーズ"のお話。いろんなところからビーズが私の元に集まってきて、それを私の手を通して作品になって、日本の誰かの手に渡るって話。

「縁があった美しいビーズたちを使って」→リンク

実は最近、こんな面白い体験をした。

その日、私は日本から買って帰ったアクセサリー用のワイヤーの残りを見て心配になっていた。もう残りが少なくなっていたのだ。私は木の実や種などのナチュラルビーズは日本で買って送ったりはしないが、パーツだけは、日本で高品質の自分の気に入ったものを、帰国した時にどっさりと買ってアフリカに持ってくる。ラジオペンチや、キリ、ノコギリなどのツールもそうだ。日本で買えるツールのクオリティは南アフリカでは求められない。

母に頼んで送ってもらうか。悩んでいた時に、夫セコになんとなくワイヤーを見せて「こんなのウムタタで買える?」と聞いてみた。「うん。電気関係のパーツ屋とかで買えるんじゃない?」と答える彼。

翌日、私はそんなことも忘れて作品作りを楽しんでいた。プレーヤーからはボブマーレィのCD”KAYA”が流れている。

I'm so high, I even touch the sky

Above the falling rain

I feel so good in my neighbourhood, so

Here I come again

〜引用:「KAYA」 Bob Marley〜

そんな気持ちの良い日の昼下がり。セコが「こんな銅線見つけたんだけど、使う?」と毛糸のように巻かれた銅線を私に見せた。

IMG_5992.jpg

私は思わず飛び上がり、そのクオリティを確かめる。強度もしっかりしている。しかも銅。「でもこれどうしたの?」と聞くと、「トランスフォーマー(変圧器)が道端に捨てられてて、その中から持ってきたんだよ」といういう。妻へのプレゼントが拾ったものとは・・・。なんともセコらしい。そしてそれは私が今、必要としていたものだ。嬉しくないはずがない。私たちは二人ともリサイクルが大好きなのだ。



スポンサーリンク



sisodwa さくひん・工房

「やっぱり地球はアートで溢れている」2017年新作・ジャカランダピアス

DSCF7026.jpg

earth_kobo.jpg




工房の中では、帰国に向けて作品作りが止まらない。一度作業に入ると、時間を忘れて夜中まで作り続けてしまうこともしばしば。創作に集中し出すと、どこでその集中を止めて良いのかがわからない。

でも時間を忘れて好きなことに没頭するのって、本当に気持ちいい。やらなければならないこと、そっちのけでやってしまっても、どうにかなってる我が家が愛おしい。いくつものビーズが並ぶ作業テープルで黙々と作業をする私を見て、アフリカン家族は「とうとうお尻に火が着きましたか」とう感じで私を見守る。

DSCF7024.jpg

実は今年に入ってから私はブツクサ、ブツクサと「今年は帰国するから、アクセサリー作ろう」とことあることに呟いていたのだ。ライターのお仕事もあって、なかなかお尻に火が着かない私は、呟くことによって、周りの人からのプレッシャーなども多少期待するのだが、案の定アフリカリズムで暮らす彼らが、私にプレッシャーをくれるわけもなく、5月まできてしまった。

そして日本がGWの時に、さて、こないだ拾ってきたジャカランダに亜麻仁油を塗るとするか、と私は容器に入れておいたジャカランダの鞘を取り出し、ヤスリで周りをキレイに整え、亜麻仁油を一つ一つ丁寧に塗った。

IMG_5795.jpg

あぁ、久々の作品作り。この作業の一つ一つが愛おしい。癒される。作品作りにハマっていく私。

ジャカランダはここ数年、帰国やなんやらで収穫期を逃していて、今年やっと収穫できたものだ。小さいものから、大きいもの。曲がってるもの、まぁるいもの。この鞘の中の自然な山吹色がたまらない。やっぱり地球はアートで溢れている。

写真は亜麻仁油を塗ったばかりなのでテカテカしているが、数日すると落ち着き、いい感じになる。ジャカランダは私の大好きな植物の一つ。紫色の花が桜のように満開になり、ウムタタの街中が紫色に染まる。



スポンサーリンク



sisodwa さくひん・工房

「縁があった美しいビーズたちを使って」2017新作・ピアス続々登場!

そろそろ日本への帰国に備えて、作品制作に精を出し始めた。

「地球アート雑貨 シソドワ」の作品は、アフリカに限らず、地球の欠片を集めたアートである。

今日は出来たてホヤホヤの作品を紹介したいと思う。

その前に、使っているビーズの説明から。
今回のビーズはなんとネパールからも届いた。

旅友のノラ。現在はインドでヨガの修行中。
彼女は旅の途中、地球のあちこちから天然素材のビーズを見つけては、アフリカの我が家に送ってくれる。

IMG_5750.jpg

▲こちらは、去年ノラが送ってくれたアフガニスタン産のサンゴとターコイズ。
ちっちゃいサンゴがたまらなく可愛い。いろもカラフル〜◎
ターコイズかどうか確信が持てなかったので、クリスタルを扱う友人に確認したところ、ターコイズだそう。このパターンの具合がたまらなく可愛い。自分用にも何か作るつもりである。

今回はネパールから素敵なビーズが届いた。

IMG_5767.jpg

▲こちらはヤクの骨で作られたビーズ。周りにはお数珠。ヤクとは牛とヤギが混ざったような毛深い牛、という感じだ。モンゴルにもたくさんいた。その骨を使って作られたビーズ。やっぱりアジア人は器用だな。この左のビーズなんて、編まれたような紋で、とても美しい。



スポンサーリンク



sisodwa さくひん・工房

シソドワ2016年新作


13239444_1707654802816952_2538552250445300064_n_20160531063541f0b.jpg


シソドワの2016年の新作です。(文の最後に新作取り扱いのお店を掲載してます)

シソドワの作品は地球のかけら(天然素材)で作っています。
道端に落ちてある木の実や、森の中にある木の種、食卓に並ぶ食材の種、果物の種、とにかくいろんな種や木の実を、季節ごとに収穫して、丁寧に一つ一つ手仕事でビーズに仕上げます。

その工程は草木で染めたり、亜麻仁油で艶を出したり、乾かしながら丁寧に彫刻を施したり、ヤスリで磨き上げたり。

キーチャームなどは彫刻作品が多く、一つ一つにメッセージを込めてます。
人気のボートプランツのキーホルダーはこれまでたくさんのメッセージを彫ってきました。

IMG_2765.jpg


ピアス(もちろんイアリングもあります)は夏の開放的なスタイルとマッチするイメージで。
さりげないシンプルな小ぶりなものから、ゆらゆらと存在感のあるものまで。

IMG_2364.jpg

IMG_2396_20160531063908941.jpg


同じデザインのヘアゴムも作りました。

IMG_2747.jpg



また今年手積みした香り高いンペポも到着しました。
浄化作用のある、コサ族やズール族に伝わる野草のお香です。
空間の浄化、気分の浄化、パワーストーンの浄化などにどうぞ。

ネガティブな感情が治まらない時などに焚くと、気分が浄化されますし、
お掃除の後や、寝る前に焚くと空間が浄化され効果的です。

日常的に焚くことをおすすめします。

10402926_690100194440738_3486973929708769853_n_20160531063536e5f.jpg


ネットショップでアクセサリーの販売を試みてみましたが、どれも一点ものであることと、アフリカからの遠隔になることが、私のスタイルとマッチせず、ンペポを除いて今はお休みしています(2016年現在)。

ンペポのご注文は直接メールでもFBからでも大丈夫です。メッセージください。

850縁 +送料になります。



▼また今回シソドワの新作を預かってくれるお店の紹介です。
 


《Kukulu》→https://web.facebook.com/mayacafe07/

以前ブログで紹介した島根県に住む、心と体に優しいベジ料理を作ってくれるcafe kukuluの真耶ちゃん。イベントやケータリングを中心に出店してます。めっちゃおいしいので、中国地方にお住まいの方はfacebookなどで出店情報をチェックしてくださいませ。

日本滞在記→▪️

10562538_1499995573582877_6192570500605507228_o_201605310635372be.jpg

13327430_1709794679269631_654170522984245835_n_2016053106390735f.jpg


13312892_1709794539269645_7771714209747417581_n-1_20160531063650212.jpg


《ハートワークカンパニー》
広島県庄原市でお洋服のお直しや、パワフルなアフリカの布で素敵なカバンやポーチなどを作ってるハートワークカンパニーの美穂さん。今回は初めてシソドワの作品を置いてもらえることになりました◎
草木染めの講師もされてて、ワークショップも開かれてます。お店には彼女の草木染め作品も並んでます♪

13289075_614292185402019_859423606_n_20160531063645c0a.jpg

13296247_614292205402017_1197698639_n_20160531063647793.jpg

13278129_614292195402018_1418849442_n_20160531063645092.jpg


《三日月キッチン》→http://blog.goo.ne.jp/mikatuki1010

福岡県行橋市の田んぼが広がる場所にあるマクロビ料理を楽しめる、とても素敵なレストラン「三日月キッチン」のそらたまさん。こちらも今回初めてシソドワの作品を置いてもらえることになりました。お店は彼女自身がDIYでゆっくり時間をかけて作ったあったかい雰囲気の素敵なお店です。

丁寧に手作りで作られた彼女の料理は、こちらまでゆっくり噛み締めたくなるおいしさ。
彼女はお料理教室もされてます。
また彼女の焼くパンのおいしいこと!! 近郊の方は是非足を運ばれてください。

13312885_1011387902307622_2799058377628858969_n_20160531063651e0a.jpg

10868010_1556970724519045_2738819207318324960_n_201605310635398e1.jpg



スポンサーリンク



このカテゴリーに該当する記事はありません。