sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


sisodwa さくひん・工房

”地球と循環するアクセサリー”。いずれ私も土に還る。


気がつけば年末に差し掛かっている。寒さを感じるはずだ。

秋の間、私は種集めを楽しんでいた。公園や森を散策しては、新しい発見の日々。
日本に帰ってきて一年目。四季折々の植物を作品にどう活かせるか、作品を作りながらそんなことを楽しんでいる。

sisodwasakuhintikyu10.jpeg
(紅葉が美しいナンキンハゼの木)


そういえば南アフリカのトランスカイで暮らしている時もそうだった。
季節になると、その木の下に行き種や鞘を収穫する。
それを洗ったり、干したり、亜麻仁油を塗ったり、ヤスリをかけたり・・・・。そして丁寧に穴を開けたら、「地球のかけらビーズ」が完成する。







PR

FiNCFitボディデザインブログラム





sisodwa さくひん・工房

sisodwaおすすめのお茶「有機ルイボスティ」と「有機ルイボスティ&有機ハニーブッシュティのブレンドティ」。


今日はシソドワが取り扱っている二種類のお茶のお話。

39018530_1738412629541813_1313219197446127616_n.jpg

シソドワではオーガニックルイボスティ と、オーガニックルイボスティ & オーガニックハニーブッシュティのブレンドティを扱っています。

さて。ルイボスティとハニーブッシュティと言えば、南アフリカです。
実は世界中で南アフリカしかこの二種類のお茶 は生産されてません。

私が8年間の南アフリカの生活で、一番飲んだお茶と言えばやはりルイボスティです。
南アフリカではごく一般的に飲まれているお茶で、どこへ行っても飲むことができます。
また化粧品や石鹸などのスキンケアとしても使われています。







PR

FiNCFitボディデザインブログラム





sisodwa さくひん・工房

南アフリカの薬草ンペポ配合 「ンペポ バーム」

mpephobeeswax_big.jpg


地球アート sisodwaが作るこの冬一押しの商品”ンペポ バーム”。
ンペポ 」とは南アフリカの先住民コサ族やズール族が、浄化として使う薬草で、お香として使われるのが一般的です。

10402926_690100194440738_3486973929708769853_n_20160531063536e5f_20181121212844084.jpg


この薬草ンペポ という名前は先住民の言葉ですが、一般的にはヘリクリサムとして知られています。焚くと浄化や、精神的な安定をもたらす薬草ですが、ヘリクリサムには、皮膚再生促進、抗アレルギー、抗菌、殺菌、鎮痛、神経鎮静などの肌への効果があります。

肌のトラブルに、とても効果的な薬草なのです。

またンペポ の他にも、以下の薬草エキスが配合されています。
・有機ルイボス
・有機カレンデュラ
・有機カモミール
・モリンガ
・オオバコ
・有機ローズマリー
・ラベンダー精油

薬草エキスは、数ヶ月、太陽の燦々とした光でゆっくりと抽出しています。手間と時間がかかるので、大量生産はできませんが、植物全体で抽出することで、そのパワーを丸ごといただきます。

まさに「スローメディスン」なのです。


保湿はガーナから有機栽培のシアバターを使用しています。
生産者の顔の見えるようなシアバターをずっと探していたのですが、素敵な出逢いでこんな上質なシアバターを産地から入手することができました。ガーナファームから直接仕入れています。

42045444_256445151731603_1458165324254806016_n.jpg


アフリカンママたちが、丁寧に手作業で作り上げた上質なシアバター。

42245296_556500011475430_4783233149737893888_n.jpg


そして蜂蜜の香りがするような蜜蝋で、全てをまとめます。
薬草の香りがたまらない蜜蝋バームです。

遠くの方にも気軽に購入していただきたいと、冬季限定で送料無料でお送りします。

リップクリームに、ハンドクリームに、そしてあかぎれやしもやけなどの冬のお肌のトラブルに。
カバンに一つ入れておくと、重宝します。


ーーーーーーーーーーーーーー

ンペポ バーム  1280円

冬季限定 送料無料

ーーーーーーーーーーーーーー

E-mail(sisodwa@hotmail,com )、facebook 地球アートsisodwa、Instagram sisodwa
にメッセージください。

●お名前
●ご住所
●お電話番号
●ご注文商品名
●数量

をご明記ください。









PR

FiNCFitボディデザインブログラム





sisodwa さくひん・工房

まわりまわる輪の中で生まれる作品

P5141132.jpg

ゴールデンウィークに出店していた「にじのこまつり」で久々に再会した友人が、家の押入れの中でずっと眠っているビーズがあって、ずっと使ってないので私に使って欲しいと、言ってくれた。

数日後、想像していたよりもずっとたくさんのビーズが家に送られてきた。

天然石や、骨、ガラスを使ったビーズがキラキラと光っている。

ながーい間、眠っていただろうビーズたち。縁を辿って私の手元へ来てくれてありがとう。
送ってくれた彼女には、早速いただいたビーズを使ったピアスを送る。

自然素材で作るシソドワの作品は、一つ一つ手作りで、とても小規模で作られている。
ビーズとの出逢いも一期一会。
同じビーズがいつも手元にあるわけではない。

そんな縁あって私の手元にたどり着いたビーズ。
さぁ、創作活動に気合が入る。

読者の皆さん、押入れの隅っこで眠っている天然素材ビーズ、昔使っていたアクセサリーだけど、ビーズとして生まれ変われるようなもの、あったら私にたくしてもらえませんか? 

もれなく、そのビーズで作った作品を一つプレゼントします。








PR

FiNCFitボディデザインブログラム





sisodwa さくひん・工房

魔女マタジーの作る「オーガニック蜜蝋バーム」と「ナチュラル歯磨き粉」を入荷

IMG_4493_20170714230039eb9.jpg
ンペポでスマッジングするマタジー)

マタジーとの出会いは、2014年。トランスカイで彼女の主催するレインボーギャダリングに参加した時のことだった。

ベルギー系コンゴ人として生まれた彼女は、コンゴが白人を追放した時に、南アフリカに家族と移住してきたという。小さな頃から政治の歪みを感じながら育った彼女。彼女が一番心を寄せていたのは、自然だった。

彼女は動物に話しかけ、植物に話しかけ、地球を母と呼び、月の動きと共に暮らしている。

マクラメという天然石とワックス紐で作る美しいネックレスやリングなど、彼女の繊細なアートワークはいつも私にインスピレーションをくれる。今年のシソドワの作品に散りばめられている天然石は彼女からのいただきもの。

IMG_4411.jpg
(マタジーの作品)

現在マタジーは南アフリカのホクスバックという山あいの小さな町で暮らしている。
町といっても自然に囲まれた山間の美しい場所だ。そして彼女の工房で、薬草や蜜蝋、そしてこのホクスバックで精製されたエッセンシャルオイルなどを使いながら、量産はできないものの、丁寧に蜜蝋バームや、ナチュラル歯磨き粉を作っている。そのファンも多い。いつも大きなポットに薬草を入れて、煎じたり、収穫したり、まるで魔女のようだ。

彼女の作る「オーガニック蜜蝋バーム」と「ナチュラル歯磨き粉」を今回帰国のために仕入れました。私も子供達も使っていて、その効果を実感。
どちらもとってもおすすめです。







PR

FiNCFitボディデザインブログラム





このカテゴリーに該当する記事はありません。