sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


談話シリーズ

小口良平氏 8年半の自転車世界一周の冒険を綴った紀行本「スマイル!」発売!本を出すまでの経緯を語る

ファイル283



ボリビア・ウユニ塩湖(2015年12月)

danwa.jpg



【過去の談話シリーズ】
・バンベニ桃 × ヒッチハイクで旅する未来ちゃん《バックパック編》→リンク
・バンベニ桃 × ヒッチハイクで旅する未来ちゃん《ヒッチハイク裏話編》→リンク
・バンベニ桃 × ヒッチハイクで旅する未来ちゃん《マラリアやヒッチハイク危険体験 編》→リンク
・バンベニ桃 × 旧友 小田雅美《トランスカイ旅行談》→リンク



《小口良平》
大学4年生のときの初めての一人旅のチベット旅がきっかけで、世界一周を夢見ることに。大学卒業後、東京でお金を貯めて、2007年に日本一周。そして2009年〜2016年の間、自転車で157カ国、155,502㎞、約8年半の世界一周の旅を実行。自転車走破距離&国数 日本歴代1位。
(Follow me----- ブログ facebook Twitter ) 

《バンベニ桃》
10年前ヒッチハイクでユーラシア大陸横断、アフリカ大陸東西南北と旅する。現在はその旅でたどり着いた南アフリカのトランスカイという地でコサ族の夫と二人の子供を授かり、自給的な暮らしを目指す。
(Follow me-----facebook Twitter トランスカイ情報) 




バンベニ 桃(ライター) × 小口良平(自転車冒険写真家)


2016年9月に、5大陸を自転車で8年半かけて走破した自転車冒険家、小口良平氏。
聞いただけでも、ガッツの必要な旅のスタイルである。社会人の彼が”世界一周”という夢を追い出してから、15年後、彼は昨年無事5大陸制覇を終え日本に帰国。彼の夢は叶った。そしてこの度彼は一冊の本「スマイル!」を出版することになった。

彼がこの本に込めた想いは「人は人のスマイルによって、元気をもらい、助けられ、成長させられる」ということ。
この8年半で彼はどれだけのスマイルと出逢ったのだろうか。出逢いを繰り返す「旅」というのは幾度となく「人生」と例えられてきた。彼は言う「人と出逢っている限り、私の旅は続く」。人生は旅だ。そして私も、その使い古された言葉を信じる一人である。

出逢いの連続、人とのコミュニケーション、魂の解放、精神の修行。旅に学ぶことは数え知れない。
「旅」というのは非日常的であるが、旅をする中で人は「生きる智慧」を出会う人を通じて学ぶのだろう。

人と人を繋ぐ「スマイル」。彼の本は元気や勇気で溢れている。読んだ後、明日を楽しく生きれるように。そんな彼の気持ちが詰まった一冊。

「そう言えば、自分が本当に好きなことって、なんだったっけ?」

ふとそんなことを思ったなら、この「スマイル!」を読んで、バックパックに荷物を詰めて、旅に出よう!

ファイル260
アメリカ・グランドサークル(2014年10月)




こんにちは。南アフリカ、トランスカイから桃です。

今回のゲストはなんと、世界一周を自転車で走破された強靭な精神をお持ちの小口良平さんを迎えております。

今日は良平さんに、旅のお話や、5月17日発売の彼の旅のストーリーを綴ったデビュー作「スマイル!」が出版される経緯などを、お話していただきたいと思います。

良平さん、今日はよろしくお願いします。








どうも。よろしくお願いします。







以前ウェブマガジンBe inspired!で「"おにぎり君"と呼ばれた男、8年半の自転車地球一周の旅を語る」を書かせていただいた時に、旅のお話を聞かせていただきましたが、ものすごい精神力をお持ちで、ビッグリスペクトです。

今回は、「スマイル!」という書籍を出版されるということ、おめでとうございます。






スポンサーリンク



談話シリーズ

「あの星空を見て、自分がもうどこにいるのかわからなくなった」旧友 雅美がトランスカイに来て感じたこと


IMG_1945.jpg

danwa.jpg



【過去の談話シリーズ】
・バンベニ桃 × ヒッチハイクで旅する未来ちゃん《バックパック編》→リンク
・バンベニ桃 × ヒッチハイクで旅する未来ちゃん《ヒッチハイク(ヒッチハイク裏話)編》→リンク
・バンベニ桃 × ヒッチハイクで旅する未来ちゃん《アフリカの旅(マラリアやヒッチハイク危険体験) 編》→リンク



《小田雅美》
外資のアパレルメーカーでストアマネージャーとして勤務。バンベニ桃と高校時代を共にした旧友。2016年、8月にトランスカイを旅行。

《バンベニ桃》
10年前ヒッチハイクでユーラシア大陸横断、アフリカ大陸東西南北と旅する。現在はその旅でたどり着いた南アフリカのトランスカイという地でコサ族の夫と二人の子供を授かり、自給的な暮らしを目指す。
(Follow me-----facebook Twitter トランスカイ情報) 



バンベニ 桃(ライター) × 小田雅美(アパレル業)


「トランスカイ旅行記」

こんにちは。南アフリカ、トランスカイから桃です〜!

今回のゲストは私が高校時代と共にした雅美さんをお招きしました。実は彼女は2016年にトランスカイに遊びに来てくれた地元北九州の友達です。そんな彼女にトランスカイの旅の話を一緒にしていこうと思います。小倉弁も堪能していただけると幸いです。








こんにちは。今日はゲストで来てもらってありがとう!









どうも。よろしく。










2016年に遊びにトランスカイに遊びに来てくれた時の話を是非してもらいたいと思ってます。よろしく。








はいはーい。トランスカイ、おもしろかったなぁ。











遠かったやろ?








いや、コロンビアに行ったことあるし、覚悟しとったけ、全然大丈夫やったよ。シンガポールでトランジットで街に出れたしね。飛行機乗って丸二日かかったよ。











そうやね。私は最後の飛行機をバスで移動するけ、丸三日かかるもんね。








それはキツイね〜。







スポンサーリンク



談話シリーズ

アフリカの旅、マラリア、ヒッチハイクで遭った危険体験。《ヒッチハイクする女たちの談話》

miki_momo_tittle.jpg

※この談話を読む前に、この談話の紹介「はじめに」をお読みください。


《戸田未来子》
2015年から女一人のヒッチハイクで地球を旅中。カフカス、トルコ、ヨーロッパ、アフリカの旅をヒッチハイクで終え、現在中米を周っている。

《バンベニ桃》
10年前ヒッチハイクでユーラシア大陸横断、アフリカ大陸東西南北と旅する。現在はその旅でたどり着いた南アフリカのトランスカイという地でコサ族の夫と二人の子供を授かり、自給的な暮らしを目指す。
(Follow me-----facebook Twitter トランスカイ情報) 




第3回:テーマ「アフリカの旅」






こんにちはー!南アフリカ トランスカイから桃です!










こんにちはー!今回はメキシコ カンクーンから未来子です!












今回で第3回目のヒッチハイクする女達の談話。今回のテーマは未来ちゃんも私も大好きな「アフリカの旅」について話していこうと思います。










お。いいね〜。









観光客がいない!?ディープな西アフリカ





アフリカって一括りにしても、やっぱり地域で違うね。その中でも西アフリカってディープだね。やっぱりあれは私が旅した地域の中で一番ディーブだったな。未来ちゃんは西アフリカも旅した?










うん、そうだね。西アフリカは本当にディープだね












きっとアフリカ全体が昔は西アフリカのようだったんだと思うんだけど、東部とか南部アフリカはもう近代化の波が来てるから、都市部はあそこまでディープではないよね。西アフリカってシンプルで文化的な暮らしで、アフリカの本来の暮らしが見れる。















ハードなアフリカの旅




アフリカの中でこれ、一番ハードだった、って国あった?










私、暑いのが苦手で、西アフリカがやっぱりハードだったなぁ









スポンサーリンク



談話シリーズ

ヒッチハイクする女たちの談話《ヒッチハイク編》

miki_momo_tittle.jpg

※この談話を読む前に、この談話の紹介「はじめに」をお読みください。


《戸田未来子》
2015年から女一人のヒッチハイクで地球を旅中。カフカス、トルコ、ヨーロッパ、アフリカの旅をヒッチハイクで終え、現在中米を周っている。

《バンベニ桃》
10年前ヒッチハイクでユーラシア大陸横断、アフリカ大陸東西南北と旅する。現在はその旅でたどり着いた南アフリカのトランスカイという地でコサ族の夫と二人の子供を授かり、自給的な暮らしを目指す。
(Follow me-----facebook Twitter トランスカイ情報) 




第2回:テーマ「ヒッチハイクの旅」






こんにちはー!南アフリカ トランスカイから桃です!










こんにちはー!今回はメキシコ カンクーンから未来子です!












今回で第2回目のヒッチハイクする女達の談話。テーマはズバリ!私たちの旅の最大の共通点「ヒッチハイク」について話していこうと思います。










はーい!ディープな話になりそうな感じだねー。








ヒッチハイクのきっかけは?




未来ちゃんは、ヒッチハイクはじめたきっかけは?










一番最初は前回の旅でせざるを得なくてやったの。ボツワナで交通機関がないからやったのね。でもその時は続けることはしなかった。当時付き合っていた人がヒッチハイクをやってた人で南部アフリカのナミビアからザンビアまで10日くらいやったの。ちゃんと一人でやろうと思ったのが今回の旅。カフカスのアルメニアで始めたの。(アルメニアはトルコの隣の国)












アルメニアからそれからずっとやってるの?










一人で始めたのはグルジアの始めから。









スポンサーリンク



談話シリーズ

ヒッチハイクする女たちの談話《バックパック編》

miki_momo_tittle.jpg

※この談話を読む前に、この談話の紹介「はじめに」をお読みください。


《戸田未来子》
2015年から女一人のヒッチハイクで地球を旅中。カフカス、トルコ、ヨーロッパ、アフリカの旅をヒッチハイクで終え、現在中米を周っている。

《バンベニ桃》
10年前ヒッチハイクでユーラシア大陸横断、アフリカ大陸東西南北と旅する。現在はその旅でたどり着いた南アフリカのトランスカイという地でコサ族の夫と二人の子供を授かり、自給的な暮らしを目指す。
(Follow me-----facebook Twitter トランスカイ情報) 




第1回:テーマ「バックパックの旅」






こんにちはー!南アフリカ トランスカイから桃です!










こんにちはー!今回は南アフリカ ケープタウンから未来子です!












今日は第一回目のヒッチハイクする女達の談話。テーマは「バックパックの旅」について話していこうと思います!










はーい













早速だけど未来ちゃんはいつからバックパッカー始めたの?










一番初めの一人旅は短期1週間で26歳の時にタイに行ったの。












今みたいな長旅はいつから始めたの?










短期の旅をしてる時に働いてた会社を3年働いたら1年間世界一周をしようって決めてて、3年経った29歳の時に旅に出たの。ももちゃんはいつ?













私は24歳の時にオーストラリアにワーホリで。自分で海外を旅したのはそれが初めて。それから旅に明け暮れた。もっと世界中を見たくてしょうがなくなってね。










うんうん。












でもね、旅を始めた頃は、今みたいにいろんなこと考えてなくて、もう本当に直感だけで生きてた。でも世界中のいろんな人と出会っていろんなことを吸収するうちに思考が生まれたな。それまでの日本で暮らしていた時も直感で生きてきてたと思う。






DSCF6064.jpg
(我が家に遊びに来ていた時に撮ったツーショット セコのワークショップにて 左:未来子 右:桃)


旅の予算





旅の予算はどれくらい?










200万円。期間は未定。今残りが50万円くらい。3月で2年。予定は2年で200万円だったから結構安く済んでる。













そうだね。私は3年弱で120万円だったな。私の期間は未定。だから超ビンボー旅行だった。未来ちゃんは飛行機とかも結構乗ってるもんねー。










うん乗ってるね。だからルートは結構ぐちゃぐちゃなの。








スポンサーリンク



このカテゴリーに該当する記事はありません。