sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


日々のこと・日々の想い

神さまに身を委ね、内なる平和(インナーピース)を手に入れる

南アフリカのトランスカイでの私の暮らしは、大変なこともあったけど総括して、素晴らしい暮らしだったと、ふと思う。あの時間は、私の人生になくてはならない時間だった。

2006年からのヒッチハイクの旅を経て、トランスカイで暮らした12年間は、自分自身をありのまま受け入れ、地球と繋がり、あるもので満たされる精神を育てた、私の人生で「修行」と呼べるような時間だった。その中で常に私の心を支えてくれた大きな存在は、他ならぬ神様の存在だった。しかし私はこの日記で「神様」と書くことに多少の疑問を感じている。

kamisama02.png





PR

FiNCFitボディデザインブログラム





日々のこと・日々の想い

自分の中の宇宙に意識を持っていき、情報過多な世の中から一歩抜け出す

20代の時に放浪の旅に出るまでは、社会人として日本で働き、情報はテレビで見たものや、ネット、本、雑誌、新聞などからインプットしていた。2004年ごろから旅を始めた私だが、当時のバックパッカーはネットをする時は、極遅のインターネットカフェに行くのが常だった。

そうしてメディアやネットなどの情報から数年離れることで、自分の脳が通常機能してきたような、そんな感覚を持ったことを鮮明に覚えている。情報を断ったことで、物事がクリアになるような感覚。それはまさに「百間は一見にしかず」だ。

モンゴルを旅した時に、大草原に暮らす遊牧民のゲルにホームステイさせてもらい、出逢った老人の目が何もかもを知っているかのような叡智に満ちていて、感動したのを忘れられない。人間は外部の情報なしに一箇所で生活していても、世界を知ることができるような不思議な力をそこに感じたのだ。

IMG_0633_20190402005618c41.jpg





PR

FiNCFitボディデザインブログラム





日々のこと・日々の想い

移住1年目を終えて…「私の人生、一度きりの人生、一生懸命やりたいことをやって駆け抜けたい」

気がつけば、3月も暮れ。3月は私にとって特別な月だ。

昨年2018年3月14日、私はトランスカイからトランク一つと子供二人を連れて、日本に移住してきた。
あれから、1年。あっという間だったようで、濃厚な1年。こんなに自分の人生と深く向かいあったのは、初めてかもしれない。

1年前の私は深い霧の中にいた。
遠くが見渡せない霧の中では、足元しか見えない。私は実家の庭を耕し小さな畑を作った。土に触ることで、私はこの地と繋がり、生きていく力をもらった。そして足元に生える野草と繋がり、霧の中でも心地よく生きていける道を見つけていった。

36199944_1667133956669681_4494596392370569216_n_20190325094043e56.jpg





PR

FiNCFitボディデザインブログラム





日々のこと・日々の想い

出不精を決めけ込む冬の暮らし方「四季を通じてバランスをとる」

2019年が始まったと思ったらもう12分の1が終わろうとしているなんて、年をとるに従い、時間が早く感じられるというのは、どうやら本当らしい。なんか人生、あっという間の気がしてくる。


移住してから初めての冬。
冬は、どうやら、仕事がない。


仕事がない時は、仕事を作るしかない。お金になることだけが仕事ではないのだ。生きるための労働、それが私の仕事。

冬になり寒くなったので、しまっていた障子を古民家ラボに取り付けた。
それにしても何年前につけただろう黄なびて、破れた障子。使われていなかった年数から計算しても最低でも25年は経っていそうだ。

Image-7.jpeg
(所々穴が空いている障子)

その障子を全部張り替えることにした。

Image-5.jpeg

ピンと張った障子。気持ちがいい。こうして部屋は明るくなったうえ、暖気が逃げず暖かい。





PR

FiNCFitボディデザインブログラム





日々のこと・日々の想い

生き方と向かい合い、シンプルに、自分らしく。

2018年がもう終わろうとしている。

南アフリカにいる時は、真夏の年越しに最後まで馴染めずにいたが、日本に帰ってくると真冬のクリスマスになにか違和感をかんじてしまう。

2018年。今年は私の人生の中で大きな転機の年。改めて今、この瞬間を私らしくいられることに、とても感謝している。

日本に移住してき9ヶ月。私はこれまでになく自分の生き方と向き合った。もし隣町から北九州に越してきただけだったら、こんなに向き合うことはなかっただろう。

南半球の果てから母国日本に戻ってくることは、私にとって大きな決断と行動力が必要だったのは言うまでもない。
心のどこかでいつも恋しかった母国日本。でも正直自分がこの国でやっていけるかどうか、不安だった。

しかも子供二人連れで帰ってきた私の荷物の半分は、ルイボスティ とハニーブッシュ ティ。そして少しの着替えだけ。私はあの日、バックパックで日本から旅立った時のように、ほとんど何も持たずに帰国してきた。そんな私の引越し。究極の断捨離だ。

12年前、ヒッチハイクの旅でたった45Lのバックパックに、少しの着替えと画材とカメラだけを入れて3年間旅をしたことを思い出す。持ち物はそれだけだったけど、私には十分だった。トランスカイの暮らしでも、物を持たない暮らしを通して、私は物のありがたさ、そして少ない物でも物足りている感覚を養った。何より物がないとシンプルでいられる。

もちろん子供たちは両親が大きなサポートとして、存在してくれた。二人の子供を連れて働く私にとっては、家族のサポートなしでは新生活をスタートできなかった。そこには感謝の気持ちでいっぱいだ。そして子供たちも日本の暮らし楽しんでいるようだ。

P6021611.jpg
(子供の順応性の高さと、楽しむパワーには感動する)


日本に到着した時の気持ちを今振り返ると、何も見えない真っ白な空間に降り立った感覚だ。

そしてこの9ヶ月間の間、私は私らしく生きられる道を模索してきた。今もその旅の途中。ただ数ヶ月前の私の目の前には深い霧がかかったように、ぼんやりとしか前が見えなかった。その霧の中で私の目に入ってきたものは、日本の野草や落ちている木の実だった。そして小さな畑を耕し、土を触る暮らしを再開し、拾った木の実や、友人に託された天然素材のビーズで新しい作品作りをしていた。

sisodwasakuhintikyu10_20181220104307827.jpeg

しかし同時に金銭的な自立を考え、何度も勤務することが頭をよぎり、求人広告などを見た。実際に履歴書と職務経歴書などを書いたが、私の経験はこのような書類のフォーマットに入るものは少なく、なんだかひどく退屈な気持ちにさせられた。
おまけに証明写真でとった自分の顔があまりにもフォーマルだったことに違和感を覚えた。これでは別人だ。別人になった私は一体何をしようとしているのだろう。

暗中模索のこの旅のスタート、私は自分らしく自分の感じるままに行動することにした。

自分の生き方と向き合う時、自分の心が本当に感じるものはなんなのか、何をしたいのかと向き合うことから始める。
何をしている時にワクワクして、それが何かを生産することに結びつくか、そんなことを考えていく。そして行動する。やりたいことを衝動的にやりまくる。ワクワクした感覚とともに、出来上がったものは、思いの外、素晴らしい。

48394985_1903337646382643_5883931043186081792_n.jpg
(冬の新作。真鍮とクウォーツのピアス。)

そして九州、中国地方を中心に作品を持って、いろんなところに出店し、たくさんの人たちと出逢い、たくさんの人たちに私の作品を手にとってもらった。作品が自分の手から人の手に旅立つたび、エネルギーの循環を感じ、次の作品へのパワーも湧いてきた。たくさんの素敵な人と出逢い、そして当然その中で若干の苦手な人とも出逢い、いろんなことを学ぶ日々。日々勉強だ。気がつけば霧が晴れて、そこには晴れ間が広がっていた。

それは自分が自分自身でいられることと向き合った先に見えた快晴の空のようだった。

P2130690.jpg

人生のターニングポイントであった2018年。

私はこのタイミングで自分の生き方と向き合うことができたことを、幸運だと思っている。
旅を始め、アフリカで暮らしたあの15年間は私にとって修行の歳月だった。そう私は常々感じていた。過酷ではあったが、精神的にとても豊かになった日々だった。そして旅で体験した「自由」と、トランスカイの暮らしで体験した「地球とのつながり」や、「人間として存在する感覚」が今の私の軸となっている。そして今は何より「ワクワク」とした感覚を原動力に進みたい。その感覚がとてもいい波動で、未来を作ってくれていると今は感じている。

新天地。でも全く新しい自分ではない。それまでの体験や経験、ライフスキルや思想を持って、新たな旅に出るんだ。無駄なことなど人生にない。いろんな体験が重なり合って、今がある。「自分らしく」それが私が一番大切にしていること。それは頭で考えてもわからない。もっと体が感じるシンプルなこと。


2018年という私の人生でとても大きな年が終わろうとしている。
来年はどんな年になるのだろう。どんなことが起きるのだろう。どんな人たちと出逢うのだろう。どんな作品を作り出すのだろう。

さぁ、それは2019年になってからのおたのしみ。



さて、今年はたくさんの人たちとの再会、出逢いがありました。

このように自分が自分らしく生きていけるのは、周りの皆様の暖かい気持ちが支えになっているからこそ。
一緒にシソドワの活動に関わってくれたお店さま、イベント主催者、私の作品を手に取ってくださった方々、ブログ読者の方々、この時代を共に生きる世界中の仲間たち、そして大切な私の家族、みなさまに感謝と愛を贈ります。

良いお年を!





PR

FiNCFitボディデザインブログラム





このカテゴリーに該当する記事はありません。