いろんなイロ・いろんなヒト - sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


暮らしのエッセイ

いろんなイロ・いろんなヒト

日本に戻ってから約一ヶ月が経ちます。

ラスタもアタシも毎日を楽しく平和に過ごし中。




いろんなアタシの友達がラスタのことをハンサムだという。


アタシもラスタのことをハンサムだと思う。


でもたくさんの南アの女の人はラスタをハンサムだと思ってない。



アタシは思う。なんでだろう?

実はアタシは海外ではどこの国に行ってもモテる。

自慢じゃなくて、事実。

でも日本ではアタシは特別モテるわけでもないし、女扱いされない場合もあったりするわけで(笑)




そして海外に出て、地元の人と混ざり合ったことがある人だったら、そういうモテる感覚を味わったことがあると思う。

あ、カップル旅行してる人はわからないかもしれないけれども。




大阪でお世話になっていたタンザニア人と日本人のカップル。
旦那さんのエディが言ってた言葉。




「女性はみんな美しい。」




アタシもそう思う。




時代の流れで白人のように目の大きい人や、睫毛が異様に長い人、鼻が高い人、ガリガリに痩せてる人、色の白い人が美人だと言われたり。
着ている洋服が"イケてる"人がモテてみたり、家柄がいい人がモテてみたり。




そんなことは時代の流れ。

雑誌が美しい女の人を決めることなんて出来ないわけで。


そんな雑誌やテレビの中の人を信じていたら化粧で顔を変えることしかできなくなる。

ラスタが「make-up」は「fake-up」だって言ってたっけ。

整形してまで、その雑誌の中の誰かになりたい人がいるのは残念。





エディの言うように全ての女性が美しいって言葉は本当なこと。

自分自身を素直に出している人はとっても美しいと思う。

だって目が小さく生まれてきたから残念、鼻が低く生まれてきたから残念、ポッチャリしてるから残念・・・etc

それってとてもネガティブ。

誰がなんと言おうと、自分は自分。アタシは他の誰かには絶対になりたいと思わない。






話は戻って、ラスタの話。

ラスタは日本でカッコイイと言われる。


ラスタにその話をすると
「パートナーがいる人はみんなハンサム。世界で一人は自分のことをハンサムだと思ってる人がいるんだから。」と言った。うん。アタシもそう思う。自分のパートナー以外がカッコイイかどうかには、全然興味ない。


「でも男でハンサムかどうかを気にしすぎて鏡をチェックしてるヤツは男じゃない」と笑って言った。
個人で意見の違いはあると思うけど、アタシも同意。鏡細かくチェックする男は苦手。



アタシのモテた体験と、ラスタのカッコイイ説から、アタシは思った。


人間って他の民族が魅力的に見えるものなのかもしれない。
肌の色が違うとか、目の色が違うとか、髪質が違うとか、着ているものが違うとか。

政治的なことや歴史によって差別が頭の中にあるとナカナカ一つになれないけど、政府に関係なく一人の人間として外国人を見た時に、人は「美しい」と思うのかもしれない。


政治的に歴史的にできた差別は、いつも強い民族の私服を肥やすためで。
その差別に心を不自由にされて他の人種の美しさを見えなくなるのも残念。



飛行機や船がこんなにある世の中なら世界はどんどん混ざっていく。
100年後、200年後には今よりももっともっと混ざり合って、いつか世界に国がなくなるまで・・・


スポンサーリンク



2 Comments

33co. says...""
黒人さんでも個人的にはエディーマーフィー(お国違うけども)とか勘弁やし!(爆)
好みの問題・・?

セコ氏、ハンサムってか 「男前」やろ。
(それでも「顔立が整っているな」と思ったけどね)
momoさんも、私的には「男前」の類やね(爆爆爆)
人間的魅力が顔面に滲み出ている人ってモテるよね。
おたくら夫婦、ナニカが滲み出てるんすよ。 じわじわと。

あとは、表情ひとつひとつに心をくすぐられるとかで異性に魅力を感じるかな。
そう言う意味ではうちの旦那はダントツで私の心をくすぐり続けていますね。
2009.12.30 19:31 | URL | #- [edit]
momo says...""
33.
セコが男前かどうかさえ、アタシにはもう正直わからんのよ。一番初めに会った時は髭だらけで顔が見えないくらいやったし。父に会うために髭を剃ってから顔が見えるようになったんよね(爆)
そう。表情とか、しぐさとか、そういうところに心をくすぐられる方が、100人が理解できるかっこよさより好きよ。
2010.01.02 12:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/187-6891dc8b
該当の記事は見つかりませんでした。