あふりか暮らし - sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーリンク



暮らしのエッセイ

あふりか暮らし



暮らしのエッセイ
   あふりか暮らし

文・写真:バンベニ 桃

あふりか暮らし。
それは自然に感謝して生きる慎ましさ。
どこかタイムトリップしたような懐かしさ。
大地に根を張る逞しさ。




IMG_1741_20150206054530dba.jpg


第1回   強くなりたい

20代の頃、私は旅に明け暮れていた。バックパックを背負い世界中で元気良く親指を揚げヒッチハイクで車を止めていた。

強くなりたい。

それは私の旅のテーマの一つであった。
孤独と向き合い、自分の弱さと向き合い、運を信じ、自分の中の女性性を見つけ、生きる力を身につける。

何か苦行をすることで前に進める気がしていた。旅前の私は少し甘えたところがあった。そんな自分を変えて強い心を手に入れたい。

3年弱の私の旅。もちろん楽しい旅だったけど、こんな過酷な想いはしたことがないと思うほど過酷なことの繰り返しの旅だった。
私はアフリカ人女性の強さに惹かれていた。男性のそれとは違い凛とした潔い強さ。甘えずに、与えられたものを受け入れる強さ。とても気配り上手で、子育て上手。それはどこか九州の母たちのような強さかもしれないな。

そしてあの旅の末、私はこの南アフリカの丘と丘の連なるこの村にたどり着いた。日本人はいない。それでもあの旅で手に入れた強さが、生活の基礎の部分で支えてくれている。

人生に苦しみがない人などいない。他人を見て苦しみがなさそうに見えても、必ず何かしらの苦しみはあるのだ。
苦しいことがあるとその瞬間は逃げ出しそうになってしまうけど、それを乗り越える経験は心を成長させる中でとても必要なプロセスだと思う。苦しさの中から見えるものは大きい。乗り越えて得るものも、また大きい。

そして未来に心を配り過ぎず、今与えられたこの瞬間に感謝できれば私たちはどんなに経済的に豊かになるよりも本当の意味で豊かになれる。お金はある程度の基本的な暮らしができるほど稼げれば、それ以上は必要ないのだ。必要なのは生きる強さと知恵。私はそう信じている。



スポンサーリンク



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/415-05ee9cc8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。