だって私はニホンジン! - sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


連載中:だって私はニホンジン!

だって私はニホンジン!

japanese-eye01.png

海外へ出た日本人が初めて感じること。それは「そうか、私(僕)って日本人なんだぁ」と再認識すること。24歳の時に日本を出てからもう13年の海外生活。世界を旅して、たどり着いた南アフリカに移住した筆者が、これから海外に出る若者に送る、日本人が自分らしくあるために、心に留めて置きたいことを綴ったコラム「だって私はニホンジン」。海外に出る人は必読!

第3回   目が小さい美しさ

スポンサーリンク





日本で会社勤めをしていた頃、出勤前に念入りに鏡の前で化粧をしていた私。そんな時、よくこんなことを思った。
自分のありのままの姿で美しいと言ってもらえたら、女性はどんなに幸せだろう…。

世界の美しい女性たち
世界各地を旅した私は、いろんな国で美しい女性に出会った。彼女たちの美しさは目を見張るものがあった。彼女たちは特に念入りな化粧もしていなかったし、日常のシンプルな装いであった。そのただありのままの姿に私は惹かれた。

ヤギの乳を絞るモンゴルの遊牧民族の母。アジア人の顔に青い目を持つタジク人の女性。山中にある美しいオートドックス教会で祈るグルジア人女性。透き通るように白い肌にブロンドの髪、青い目を持つスウェーデン人女性。驚くほど長い手足にプリッとしたお尻、アフリカの原色の美しい布を纏うセネガル人の女性。25Lの水をひょいっと頭に担いで背筋正しく歩くコサ族の女性。体に赤土と牛の脂肪を塗り、民族衣装を身にまとうヒンバ族の女性。

私を引きつけた彼女たちのその美しさは民族特有のものであった。
髪の毛だけでも黒い髪、金髪、茶色、アフロ、巻き毛、ストレート…と様々であるし、目だって緑、青、黒、茶色、大きな目、小さい目、つり目、丸い目など民族によって違いがあった。
そして私は「日本人特有の美しさ」ということを考えて始めていた。


日本での美しさの基準
さて日本ではどのような女性が一般的に美しいとされているのだろう。「大きくクッキリ二重の目」「ツンと高い鼻」「長い手足」「透き通るような色白」…そんな声が聞こえくるかもしれない。

japanese-eye04.png

ではお風呂上がりに全身を鏡で見てみよう。あなたの目はクッキリ二重だろうか?あなたの鼻はツンと高いだろうか?手足は細長いだろうか?お尻はプリッとしているだろうか?色白だろうか?もし全てが当てはまっているとしたら、あなたはきっと日本人離れした美しさを持っていることだろう。その美しさを否定することはしないが、それは私たちの日本人が持っていない美しさのようなものだ。

平均的な日本人は切れ長の大きいとは言えない目を持っている。一重まぶたの方が二重まぶたよりも多い。アイラインやマスカラ、プチ整形を使い、大きな目に見せている人もいるだろうが、ここでは生まれつきの目の話。しかし大抵の日本人女性は「二重になりたい」と願う。日本社会では「二重」に生まれるということは女性として何か「勝ち組」とも言えるような、美しさの象徴なのである。

旅をしていた時、グルジア人の男性が私の顔をまじまじと見てこう言った。
「なんて美しい切れ長の目なんだ。アジア人の瞳は本当にセクシーだね。」
そういう彼は二重でまつ毛がフサフサしていて、鼻が高くて、グルジア人特有のエキゾティックな整った顔立ちをしていた。日本人の私からすると「グルジア人のその彫りの深い顔こそセクシーだよ」と言いたいくらいだった。しかし彼の目には日本人特有の切れ長の目が美しく映ったのだ。

そして日本の美意識の中で生きていた私は、アジア人の瞳の大きさや形について考えていた。うん、小さな目も悪くないのかもしれない、と思い始めていた。そもそも私は日本人だ。目が小さい民族がそのことをコンプレックスに感じているのは、何かが違う。


ドーンと構えているアフリカ女性の美しさ
アフリカを旅していて思ったことは、アフリカ人女性はコンプレックスというのがあるのだろうか、という疑問。アフリカでは女性のことをシスターと呼ぶのだけど、シスターたちは女であることに自信満々なのである。
アフリカの中でも南アフリカ人のシスター達はポッチャリしている人が多いので、日本人の私からすると、「これ、日本女子だったらすごく気にしてるだろうなぁ」と思うレベルでも自信満々である。

シスターたちにそんな話をしていたら彼女たちはこう言ったのだ。
「自分が自分のことキレイだと思ってないと、誰が思ってくれるのよ!自分が一番そう思ってあげないきゃ!」
それはあまりにもアフリカ人らしくて、うらやましい程の答えだったが、まさにその気持ちが大切だと思うのだ。せっかくこの世に授かったこの体。自分の顔や体を恥じたくないものだ。

日本人特有の美しさに目覚める
30歳を過ぎた頃、私はある結論に行き着いた。それは自分が認める以外、誰も自分のことは美しくできないということだ。美しさに答えはない。テレビや、雑誌や、学校や、職場のあの子と比べても仕方ない。女性にはそれぞれの美しさが備わっているのだ。それを引き出すのは自分次第。自分を美しいと思えば美しくもなれるし、ブスだと言い聞かせればブスにもなれる。それが女性だ。

japanese-eye02.png

そして忘れてはいけないことは、私たちは日本人だということ。日本人の特徴であることを恥じる必要はない。小さい目?一重瞼?だって私たちの多くが小さい目で一重瞼である。なぜそれが美しくないってことになるのだろうか。ということは日本人女性は美しくない、ということになってしまう。

私は世界でたくさんの民族と会ってきたけれど、その中でも日本人はとても美しい民族だと思っている。美しい肌、コシのある髪質、切れ長のセクシーな一重瞼。それらは大半の日本人が持つ美しさであり、それが日本人の美しさの象徴であるべきだと思っている。

日本人の女子たちが、こぞって二重手術を受けたり、アイプチをしたり、付け睫毛をつけている現代の日本。もうそろそろ私たちは自分たちのコンプレックスと向き合い、その美しさに目覚めてもいい頃だ。

美しさはその仕草であったり、個性であったり、言葉遣いであったり、健康な姿であったり、歌声であったり、センスであったり・・・・本当に十人十色!
美しくなる一番の近道はコンプレックスと向き合い、自分を愛すること。そうすると、自分らしくいられる。自分らしさを手に入れた時、女性はその輝きを増すのだ。

そして鏡を見過ぎないこと。そんなに1日に何度も自分の顔を鏡で確認する必要はない。そんなことをしていると嫌でも自分の気に入らない部分が見えてくる。自分のことを「ブス」だと思った瞬間から美しさは離れていく…。鏡は程々に。

そして最後に。日本人男性の皆さんへ。「ブス」って言葉はある種、女性にとって凶器であることをお忘れなく。軽はずみで言ったその一言が女性の人生を変えることもある。とても差別的な用語。日本から「ブス」という言葉が消えれば、日本女性はもっと美しくなる!私はそう信じてならない。





スポンサーリンク

FiNCFitボディデザインブログラム





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/497-27dbfe70
該当の記事は見つかりませんでした。