《森の動物たちの会議》テーマは”ニンゲンのゴミ問題” 彼らが出したシンプルな答えとは? - sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


連載中:まぁるい地球にありがとう!

《森の動物たちの会議》テーマは”ニンゲンのゴミ問題” 彼らが出したシンプルな答えとは?

thanks_earth.jpg




スポンサーリンク





第5回   《森の動物たちの会議》テーマは”ニンゲンのゴミ問題”

《過去の掲載》
第1回:繋ぎ繋がれた私の命
第2回:人類皆兄弟。ワレワレハ地球人。
第3回:アンテナの赴くままに
第4回:自由に生きたい


まぁるい まぁるい まぁるい 地球に乗って
ぐるりと この宇宙を浮遊しよう

森の中では動物たちが 何やらニンゲンのゴミ問題の話をしている





《くま議長》

静粛に!静粛に!
今、ニンゲンたちの社会ではゴミが問題だと頭を抱えているそうだ!
誰かいい提案はないか?










《やまねこ》

あの〜・・・ゴミってなんでしょうか?













《からす》

ゴミは、美味しいんだ。でも最近ではネットなどを張り、我々が入れないようにされてしまった・・・










《やまねこ》

え?ゴミっておいしいものなのか? なぜそれが問題なんだ?












《くま議長》

いや、まぁ、おいしいものもあるんだが・・・・食べれない なんだかわからないものばっかりだそうだ










《たぬき》

なんでそれが問題なんだ? いらないんだったらそのまま捨てとけばいいだろう。












《くま議長》

それが そのまま捨てても 木の枝や葉と違って 土に還らないものらしいんだ










《ねずみ》

土に還らないって どういうことだ?



















ガヤガヤ ガヤガヤ ガヤガヤ
ガヤガヤ ガヤガヤ ガヤガヤ








《くま議長》

静粛に!静粛に!










《たぬき》

そもそもその物体はなんなんだ? ニンゲンたちが発明したものなのか?











《くま議長》

うむ。ニンゲンだけが 神さまに特別に与えられた 「発明」という力で作ったものだそうだ。










《たぬき》

土に還らないものが発明?
発明する力を与えられているなら 土に還るものを作ればいい。
それが発明ってもんだろう?捨てられないものなんて、一体どうするつもりなんだ?
そしたらオイラたちの森の暮らしのように ゴミなんてなくなるさ。











《くま議長》

ゴミ自体がなくなるだって?!

そうか!それがきっと答えだ!

問題は”ゴミをどうするか” ではなく ”ゴミを作らない”。

ニンゲンだって、この地球に生きる生物の一つ。
自然の中から生まれ 自然の仕組みの中で生き 土に還る。
ニンゲンだけが特別に自然から離された生き物ではないってことだ。






















全員は頷いた。

木の枝にはナマケモノの長老がぶら下がっている
彼はゆっくりとした口調で話はじめた






《なまけものの長老》

ニンゲンはなぁ〜・・・いつも考えすぎなのだよ・・・・

お金というものを作り出し・・・・それに支配されとる・・・・

ワシらにしてみたら、ただの紙切れなんじゃが・・・ニンゲンはそれを崇拝しておるんじゃ・・・・

ニンゲンはいろんな物を発明したけど・・・大切なものを忘れてしまった・・・

生き物として一番の基本は・・・・継続可能な社会を作ること・・・・

それはこの地球の生き物の・・・・基本中の基本だ・・・




























またしても全員が頷いた。

私たちの住む まぁるい まぁるい地球は
ここで暮らす生き物 すべてを乗せて
今日もぐるりと回る

地球にデッカイありがとうを!




スポンサーリンク



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/512-51575691
該当の記事は見つかりませんでした。