「やっぱり地球はアートで溢れている」2017年新作・ジャカランダピアス - sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


sisodwa さくひん・工房

「やっぱり地球はアートで溢れている」2017年新作・ジャカランダピアス

DSCF7026.jpg

earth_kobo.jpg




工房の中では、帰国に向けて作品作りが止まらない。一度作業に入ると、時間を忘れて夜中まで作り続けてしまうこともしばしば。創作に集中し出すと、どこでその集中を止めて良いのかがわからない。

でも時間を忘れて好きなことに没頭するのって、本当に気持ちいい。やらなければならないこと、そっちのけでやってしまっても、どうにかなってる我が家が愛おしい。いくつものビーズが並ぶ作業テープルで黙々と作業をする私を見て、アフリカン家族は「とうとうお尻に火が着きましたか」とう感じで私を見守る。

DSCF7024.jpg

実は今年に入ってから私はブツクサ、ブツクサと「今年は帰国するから、アクセサリー作ろう」とことあることに呟いていたのだ。ライターのお仕事もあって、なかなかお尻に火が着かない私は、呟くことによって、周りの人からのプレッシャーなども多少期待するのだが、案の定アフリカリズムで暮らす彼らが、私にプレッシャーをくれるわけもなく、5月まできてしまった。

そして日本がGWの時に、さて、こないだ拾ってきたジャカランダに亜麻仁油を塗るとするか、と私は容器に入れておいたジャカランダの鞘を取り出し、ヤスリで周りをキレイに整え、亜麻仁油を一つ一つ丁寧に塗った。

IMG_5795.jpg

あぁ、久々の作品作り。この作業の一つ一つが愛おしい。癒される。作品作りにハマっていく私。

ジャカランダはここ数年、帰国やなんやらで収穫期を逃していて、今年やっと収穫できたものだ。小さいものから、大きいもの。曲がってるもの、まぁるいもの。この鞘の中の自然な山吹色がたまらない。やっぱり地球はアートで溢れている。

写真は亜麻仁油を塗ったばかりなのでテカテカしているが、数日すると落ち着き、いい感じになる。ジャカランダは私の大好きな植物の一つ。紫色の花が桜のように満開になり、ウムタタの街中が紫色に染まる。


2481284592_82f0f12c95_z.jpg

久々の作品作りに、インスパレーションが爆発した私は、数珠玉やローズクウォーツなどと合わせ、ペアを完成させていく。

「ジャカランダのピアスはないんですか〜?」と何度か問い合わせをいただいていた。大変お待たせいたしました〜◎さて、こちらが2017年、ジャカランダピアス。耳元でゆ〜らゆら〜〜。

DSCF7026.jpg
(ジャカランダとうこん染をしたハゼノキの種と、シェルビーズ)

DSCF7030_20170520055611cc8.jpg
(ジャカランダと我が家で収穫した数珠玉とローズクウォーツ、シェルビーズ)

DSCF7028.jpg
(ジャカランダと我が家で収穫した数珠玉とガーネット、シェルビーズ)


まだまだ製作中ですが、一部だけ。作品は私のインスパレーションで、一つ一つ作られるので、同じビーズの組み合わせはありません。

ピアス、イアリングにも変えられます。アレルギーの人はチタンパーツも持ってます♪


DSCF7046.jpg

付けてみるとこ〜んな感じ。サイズもいろいろ作ってます。写真は小ぶりサイズ。ジャカランダと、アベンチュリンと、ハゼノキの種を我が家で採れた桑の実で紫に染めたもの。存在感あり。季節関係なく、秋冬も大丈夫な雰囲気です。

付けていると「カラン、カラン」といい音が鳴ります。




スポンサーリンク



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/525-149ff529
該当の記事は見つかりませんでした。