「母性は神様からの贈り物」母親になることと向き合うことの大切さ - sisodwa
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


暮らしのエッセイ

「母性は神様からの贈り物」母親になることと向き合うことの大切さ

africa_kurasi.jpg




第19回    母親になることと向き合うことの大切さ


DSCF3164.jpg
(3年前のサナとンペポ)



最近のうちの子供たちは自分らの遊びに夢中だから、私にかまう暇もないって感じだ。

そういえば私、「子供がいるから何にもできない!」と思ったこと、ほとんどないかもしれない、とふと思う。
あるといえば日本に帰国している時に、シソドワの活動をしようと思った時くらいで、アフリカの暮らしではほとんどない。時間に余裕があるからだろうか。

赤ん坊の世話に追われて・・・という感覚もほぼなかった。二人とも布オムツで、毎日大量のオムツを洗った。離乳食も手作りで作った。長男は母乳が足りなくて、粉ミルクを足したけど、でもおっぱい大好きだったから、二人とも私にぴったりだった。アフリカ男児は九州男児にも似て、夫セコはオムツを一度も替えたことがない。

でも・・・私はセコに「オムツを替えて欲しい」と思ったこともない。
だってオムツ替えるのって、赤ん坊の健康チェックでもあるし、コミュニケーションでもあるし、それをストレスに思うって感覚がなかった。ンペポは1歳でオムツ取れたし、うちは楽だったのか・・・。

私は「必要とされている」という感覚に満たされていたのかもしれないと思う。

長男が生まれた時は、まだアフリカで暮らすことに慣れることで精一杯で、誰かに常に傍にいて欲しいと思っていたのは、私の方だったと思う。長男は夜泣きもしたから、夜寝れない時間もだいぶあったけど、初めての子育て。だから大変だなぁと思ったけど、3ヶ月もすれば夜はたっぷり眠ってくれた。

「ワンマン育児」という言葉があるけど、なんだか「育児」をとても義務的な感じに思わせる言葉だ。そりゃ、女性の社会進出とかなんとか、男女平等とかなんとか、時代に合わせた夫婦の形があることはわかるけど。「母性」というのはもっと普遍的なもののような気がするのだ。

男性が育児をすることを否定してるわけじゃない。育児は本当に神秘な作業だから、ぜひ一緒にするといい体験ができると思う。

でも育児を押しつけ合うのはなんか違うんじゃないかな。


動物の母が持つ溢れる母性

我が家にはたくさん動物がいるから、子供が小さい時は、その母性をよく観察していた。豚、鶏、牛、羊、ヤギ、母ちゃん達は全力で子供を育てる。

ちょっと前に、向かいの犬が夜な夜な、我が家に入り込んで鶏小屋を荒らす日々が続いた時があった。その時、母鳥は12羽程のひよこを甲斐甲斐しく面倒見てたのだけど、ある晩、犬が小屋を無理やり壊して入って、母鳥を食い殺してしまった。

親鳥は翼があるから、犬が来ないところまで飛んで逃げることができる。
でもその母ちゃんは、ひよこを守るため、たぶん大きな犬相手に戦ったんだと思う。おかげでひよこ達は守られたけど、母ちゃんはあの世に逝ってしまった。

その朝、食い殺された母鳥を見つけて、とてもショックだったけど、同時に私は母ちゃんの母性に感動していた。

動物も人間も、子供が生まれたら「母ちゃん」になる。動物の母たちは命がけで、「母ちゃん」を全うする。その姿を私はいつも尊敬の眼差しで見ている。



母親は子供に必要とされている

私は自宅で仕事をしているが、専業主婦ではない。畑仕事だってしてる。アクセサリーなんかも作っている。でも子育てを誰かが手伝ってくれないからって、腹を立てたことはほとんどない(たまにはある)。

子育てはお金は発生しないし、上司に褒められるとか、成績とかもない。でも目の前にフニャフニャして生まれてきた新生児から、どんどん大きくなっていく姿は、感動の連続である。もともと私は認められるとか、お金のためだとか、そんなことに重きを置いておらず、もっと愛情的なものが満たされることに幸福感を感じる。

動物の赤ちゃんよりも、自立するのに随分時間がかかる人間の赤ちゃん。それだけ人間の母親は子供に必要とされる期間も長い(我が家の動物の赤ちゃんは生まれた日から歩き出す)。

私は子供たちを見て「あぁ、こんなに人に必要とされるのは初めてだ」と感動することがよくある。子供たちは母親が必要なのである。だから私は自由な暮らしの中に「子育て」というものがあると思っていて、子育てが母を不自由にしている、という発想はない。子供は母を無条件に愛してくれる。こんなに愛されると感じることができるのも、子育ての醍醐味だ。

私は九州出身で、九州の母に育てられた。九州の母は強い。そんな時代は確実に薄れているが、私は九州の母たちを心から尊敬している。彼女たちはどこか、私がアフリカで目にする動物が持つ母性のような、そんな母性を持ち合わせているように見えるのだ。

我が家には二人の同居人がいる。そして夫セコの6人家族。コサ族は子供好きだ。みんな子供と常にコミュニケーションをとっているので、それが私に集中するということもない。私は子供たちができないことを、手助けするまで。まぁ、その環境が私の育児を楽にしていることは言うまでもないが、6人分のご飯を毎日作る、という母ちゃんの役目も果たしているので、いいとしよう。

家計のために仕事を余儀なくされることもあるかもしれない。いろんな家族の形があっていいと思う。でも子供を授かったなら、自分が「母親」になったことと向き合いたい。当然だが男性に「母性」はないのだ。「母性」は女性に授けられた、神様からの贈り物なのだから。







スポンサーリンク



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/526-aa325ed2
該当の記事は見つかりませんでした。