〜家族〜 2017年日本滞在記(1) - sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


さすらいphoto

 〜家族〜 2017年日本滞在記(1)

トランスカイの空気は相変わらず濃厚だ。空に手が届きそうになる。私は7週間ぶりに日本からトランスカイに戻ってきた。

トランスカイのウムタタ空港には、飛行機は私たちが乗ってきたそれしかなかった。それほど小さな空港でも、ないよりはマシである。十数人の乗客と共に小さな旅客機から階段で降り、トランスカイの空気を胸いっぱい吸い込む。たった数週間しか離れてなかったはずなのに、不思議と、とても懐かしい気持ちになる。

荷物を受け取り、到着出口から出ると、嬉しそうに現れた夫セコとサナとンペポ。子供たちのはにかんだ笑顔に胸が締め付けられる。私たちは笑顔のままギュ〜〜っと固く抱きしめ合う。7週間、どれだけ彼らが私のことを恋しく思っていてくれたのかを感じ、心があったかくなる。私も同じように彼らのことが恋しかった。

実家を出発してから、移動しっぱなしの2日間。ようやくトランスカイに到着だ。家に着いて、お土産を広げ、日本の話に花がさく。家族みんなが日本の話に興味津々だ。セコが愛情を込めて作ってくれた夕食を食べてお腹がいっぱいになると、一気に眠気に襲われ、子供達と共に眠りについた。7週間ぶりの我が家。気持ちのいい眠り。

翌朝、不思議な気持ちで目が覚める。なんだか日本にいたことが夢のようなのだ。私は部屋の天井を見上げて、ぼーっと想いを巡らす。母の手料理、小倉の騒々しい銀天街、日本で会った人たちの顔・・・。つい数日前までの出来事が遥か昔のことのようだ。外からは「コッケコッコー」と鶏の鳴き声が響いている。

時間の流れ、空気、人、文化、全てがあまりにも違いすぎて、この地球に今この瞬間、日本が存在していることが、不思議に思えてくる。あの湿度をたっぷりと含んだ日本の夏。蝉の声。目まぐるしく過ぎていく時間。そして昨日のように、そこにいた私を思うと、なんだか現実味がない。いや、それは本当に夢のような7週間であったのだ。

CIMG2706.jpg
(写真:天草へ家族旅行)



7月22日、帰国。父と母は暖かく私を迎えてくれた。一昨年がん手術を終えて、リウマチと戦う母は、体こそ年々老いて行くものの、相変わらずの内なる強さを持っている。父は母をこれまで以上に大切にしてくれている。元気な父の姿を見て嬉しくなる。相変わらず頼もしい父。私は実家が円満であることを何よりも幸せに思う。

母の優しいもてなしと、父のサポートのおかげで、今回の滞在では自分のやりたいことに充分に力を注ぐことができた。いつも帰国の一番の目的は両親の顔を見ることだ。今回は妹一家の帰省とも1週間かぶらせたので、妹と旦那さん、甥っ子たちと、去年生まれた、お花のような姪っ子とも初めて顔を合わすことができた。彼女はまだ一歳。子供達はのびのびと育っていて、本当にいい子で、可愛い。こんなにいつも離れているのに、会った途端、愛情が湧いてくる。こうして家族はどんどん大きくなる。

CIMG2683.jpg
(写真:天草へ家族旅行)

家族。妻になり、母ちゃんになり、自分の家族を持ち始めて、やり甲斐はあるものの、その作業は決して簡単とは言えないと痛感する。家族とは思い通りにならないことの連続でもある。そもそも思い通りにさせる必要もないのだけれど、その辺でうだうだしている未熟な自分もいる。

しかし家族の愛が私を支えてくれている。家族がいるからこそ、喜びを分かち合える。足を踏ん張れる。今回の旅はアフリカの家族と離れ、日本の家族と共に過ごすという、家族というものをとっても考えさせられるきっかけとなった。日本の家族は私の愛の出発点。私にとって掛け替えのないもの。そしてアフリカの家族へ続いている。

こうして両親に暖かく迎えられ、始まった2017年日本滞在。

今回は福岡・山口・島根・広島・東京・神奈川とシソドワの「地球のうえで、のんびり暮らそうよ」のツアーも同時に行ったので、たくさんの縁に恵まれた。あんな話、こんな話はまた次回の2017年日本滞在記をお楽しみに。


次回につづく・・・。





スポンサーリンク

FiNCFitボディデザインブログラム





2 Comments

和 says..."はじめまして。ジンバブエつながりの和さん"
はじめまして。
ジンバブエつながり、エリカさんのお友達、和さんです。
ブルキナファソの勤務を終え、フランスへ滞在。
日本に先日、戻ってきました。

ふと、こちらのHPを知ることになり、おじゃましたところです。
これからもお願いいたします。
2017.09.26 22:29 | URL | #fkxczLn. [edit]
momo says..."和さんへ"
和さん。コメントありがとうございます。
すみません、今日コメントに気がつきました。
ブルキナファソは2006年に旅しました。のんびりしたブルキナファソ国民と、アフリカ伝統がとても多く残った素敵な国でした。これからも宜しくお願いします。
2017.10.04 05:05 | URL | #mtHUKwEs [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/547-6963f4a3
該当の記事は見つかりませんでした。