南アフリカ トランスカイの国際食フェスで寿司を作る - sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


トランスカイ・暮らしのエッセイ

南アフリカ トランスカイの国際食フェスで寿司を作る

africa_kurasi.jpg




第22回    南アフリカ トランスカイの国際食フェスで寿司を作る

ラシーダとの出会いは2ヶ月前に初めて参加したマーケット(食べ物や手作り雑貨などが売られている市場)だった。
そのマーケットの主催者である彼女は、お医者さんの旦那さんと一緒に、インドから南アフリカに移民した。すでにこのウムタタの町に暮らして30年ほど経つという。

出会った日に、その大きな目をさらに大きく見開いて、嬉しそうに彼女はこう言った。

「まぁ!この町に日本人がいたなんて知らなかった!会えてうれしいわ!」

そして後日彼女の家に呼ばれ、11月にあるイベントのことを頼まれた。


「11月に私の主催する国際食フェスタをするの。12カ国を集めて、いろんな国の料理を作ってもらうイベントよ。是非日本食をそこで作ってくれないかしら?」

「日本食って、リクエストはあるの?」と私。

「Sushi!すし!寿司!」と即答するラシーダ。

ラシーダは大のSushi好きであった。世界の寿司ブームに乗って、南アフリカでも寿司は大人気である。でも寿司というよりSushiという感じが一番しっくりくる。日本の寿司とはちょっと違う。そしてなぜかいつも海外ではSushiは健康食だと思われている。健康にいいから寿司を食べよう、日本ではそのように考えられてない。

そして、私はこのイベントで寿司を作ることになった(実は寿司をまともに作ったことがなかった!)。しかし練習あるのみ。今はネットの時代だ!なんとかなる!材料はラシーダがケープタウンから調達してくれるという。手に入る素材と、現地で手に入る素材でいろいろ作ってみよう。


そういえば日本人が一人しかいないこの町で、ちょっと大げさだけど「日本」を代表する者として何かすることはなかった。日の丸は白地の布に赤い丸を夫セコがミシンで縫ってくれた。

そして時は経ち、数回の打ち合わせを経て、いよいよイベント当日!

じゃ、じゃ、じゃ、じゃ〜ん!

日本ブースはこんな感じになった。

PB250990.jpg

実は恥ずかしいことに着物も浴衣も持っておらず、日本の民族衣装で参加することができなかった。昔ベトナムの旅の途中で買った服で代用。

いろんな国からの参加。

南部インド

PB251004.jpg


南アフリカ

PB250992.jpg

あとはメキシコ、ギリシャイタリア、アメリカ、北部インド、中国、日本、バングラディッシュ、パキスタン、ロシアと国際食豊かに揃った。

肝心の寿司。
何度か練習して本番に臨んだ結果・・・・



こちらは太巻き

サーモンとマグロの刺身と、エビ、アボカド、きゅうりを巻いた。


PB250982.jpg


こちらはファッション サンドウィッチと呼ばれるお寿司を日本風にアレンジした逆輸入Sushiスタイル。

サーモンとクリームチーズと海苔をサンドして、一番上には我が家の菜園で育ててるシソを乗せて。

PB250983.jpg

こちらは細巻き。

きゅうりと、薄焼き卵、炒りゴマの3種。
中身はマグロ+クリームチーズ と エビマヨの2種。

PB250984.jpg


こちらも細巻き。マグロ+きゅうり

PB250985_20171127074425566.jpg


こちらは手毬寿司。
時間があれば、もっとデコレーションに力を入れたかったけど、一人でこの量を作るのに精一杯だったため、シンプルに。


PB250986_201711270744219e1.jpg


そして手巻きも振る舞った。
お客さんの好みの具でエビ、マグロ、きゅうり、アボカド、しそから選べる。南アはベジタリアンの人も結構いるので、そういう方は手巻きを出した。

PB250987.jpg

これは大盛況!
巻きまくった3時間だった!こんなに手巻きを手早いスピードで巻ける自分をやっぱり日本人だな、と思った。機械のごとく、巻きまくった。


実はこのイベント、一般客が食べる前に審査員が来て食べていた。
そう、一応コンテスト的なところもあるらしい。

そしてイベント終盤に、審査結果発表。




3位は・・・・




ヴァクラバも、ハルミチーズも美味しいギリシャ!

PB251003.jpg






2位は・・・・




デコレーションが素敵なメキシコ!!!



PB250999.jpg






そして1位は・・・・・













ジャパーーーーーーン!JAPAN!




「うっそー!」セコと大喜びする私。
まさかの1位!

ペアのホテル宿泊券ゲット!

初めて日本人としてこの町で何かをすることが、「寿司を作ること」だとは、思ってもみなかった。そして寿司が南アフリカ人に受け入れられていることが純粋に嬉しかった。その形が日本の伝統的な寿司とはちょっと違ったとしても・・・。

こうして朝早くから2kgの酢飯を作り、寿司を作り、会場では手巻きを巻きまくった寿司三昧の1日は終わった。こんなに寿司を作る日が来るとは思わなかった。そして寿司作りの楽しさを知ることができたことにも感謝。




やってよかったな。




日本の国旗をみながら、ふとそう思った。







PR

FiNCFitボディデザインブログラム





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/551-0527a037
該当の記事は見つかりませんでした。