私らしく生きられる道を選ぶ。そして家族新メンバー紹介 〜2017年、年の瀬に〜 - sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


トランスカイ・暮らしのエッセイ

私らしく生きられる道を選ぶ。そして家族新メンバー紹介 〜2017年、年の瀬に〜


PB271031.jpg


africa_kurasi.jpg




第25回   私らしく生きられる道を選ぶ。そして家族新メンバー紹介 〜2017年、年の瀬に〜

2017年がアッと言う間に終わろうとしている。

山もあり、谷もあり、山の時は笑い、喜び、幸せを感じ、谷の時は、泣き、怒り、落ち込んだ。

今年は村に行くチャンスがグッと減った年となった。
ライターの仕事が忙しくなったことや、村の家の世話を知り合いの男の子に頼み始めたことなど原因はいろいろあるのだが、アフリカに嫁いだならではの、こんな話もある。

私たちの村トゥフエー二村は伝統が残るコサ族の村である。
私はコサ族の文化をとても尊敬している。だが、私はコサ族ではなく「コサ族に嫁いだ日本人」なのである。結婚してから、この辺で随分と悩んだものである。コサ族の村々では結婚するとコサ族色に染まることを期待される。親族もそのつもりで受け入れてくれる人が多い。みんな私のことを歓迎してくれているのだが、「コサ族らしく」振舞わないと、批判的なことを言われることもしばしばあった。多くの村人はその一生を村で過ごすのだから、それも仕方ないのだが。

DSC_0083.jpg

結婚したての頃はコサ族らしくしようと努めたが、育ってない文化に完全に染まるというは、なかなか難しいことだ。そんな自分にちょっと疲れてしまった。夫セコは私らしく生きればいいと思っているし、セコのママもそんな感じなので、幸いにも自分らしくいれるスペースというのは充分ある。

どんなに村が好きでも、自分らしく振舞えないというのは、疲れてしまう。人間は誰も自分以外の人間にはなれないのだ。コサ族の文化の重要なことは守るけれど、彼らと常に同じように振る舞うことはできないし、同じように考えることもできない時も、もちろんある。今は、それよりも日本人として受け入れられてもらう環境を自分から作っていった方がいいと感じている。私はいつも、できるだけ私らしくいられる道を選ぶ。お金持ちよりも、有名人よりも、私は私らしく生きたいと思っているからだ。

私が主に暮らしているもう一つの我が家、トレーラーハウスがあるウムタタの街は、住人の大半がコサ族ではあるけれど、それでもいろんな人種が混在している。同じコサ族でも、街で暮らすコサ族は近代的なライフスタイルだ。だからいろんな人種の友達がいて、彼らも私を日本人として快く接してくれる。それが心地いい。

だからと言って、私が村の暮らしを諦めたわけではない。でも自分の心が疲れてしまうのなら、無理やりに行くことでもないのだ。何か違う方法で村と関わることもできる。

今年は村に行く日数が減ったことで、ウムタタの街の家と畑に力を注いだ。街にいても、私の暮らす我が家の近くには自然があり、野鳥も多い。

DSC_0295.jpg
(芝生を鶏に食べ尽くされたので、今年は玄関近辺に芝生を植えた。)


庭に住み着く同居人のハタオリドリも、私のトレーラーハウスでの暮らしの楽しみの一つ。村へのこだわりもあったが、きっと今は少し距離を置く時期なのだ。

IMG_4187.jpg




ここトレーラーハウスには家族5人と犬1匹、鶏3羽、鳩1羽、野鳥が暮らしている。鳩1羽というのは11月に夫セコが鳩の雛を路上で保護し、連れて帰ってきた鳩で、一ヶ月以上経った今、だいぶ成長した。どうやら鳩は雛の時から餌付けをするとなつく鳥のようで、すっかりなついている。

davdav.png

私たちはこの鳩を「ダブダブ」と呼んでいる。
私とサナでダブダブとの暮らし方を相談し合う。

カゴに入れるか、入れないか。

PB180928.jpg


話し合いの結果、私たちは、ダブダブを放し飼いすることに決めた。
外に行きたい時も窓はいつでも開いている。もし遠くに行ってしまって帰ってこなくても、それはそれでダブダブの人生だ。彼に決める権利がある。私たちはそのスタイルはあくまでダブダブに任せ、様子をみることにした。

PB240971.jpg

そして続くニュースは、我が家の愛犬ちょんが、5匹の子犬の母ちゃんとなったこと。
彼女は初めての子育てに奮闘している。健気に子育てをする姿はたまらない。
いたずら大好きな子犬たちは、見ているだけで癒される存在。
ちょんを去勢することも考えたが、一度はちょんに子育てを経験してもらいたかった。私も母親になって学んだことがたくさんある。


DSC_0493.jpg
(同居人のシントゥと子犬たちと共に。)

トランスカイは3日ほど前から、雨が降ったり止んだりしている。
南半球は今は夏。トランスカイのこの時期は雨季真っ盛り。畑の野菜や、庭の植物は気持ちよさそうに雨を感じている。植物にどんなに水やりをしても、やっぱり雨には敵わない。

私は室内にこもり、こうしてブログに想いを綴る。窓の外の植物が雨に喜ぶ姿を見ながら、庭で採れたミントにお湯を注ぎミントティを作る。庭のミントも雨季は大量に増える。私は動物たちのように、雨が止むまで、じっとしている。こんな時間が好きだ。

さて、年が暮れる。

今年は帰国したこともあり、その節はたくさんの人のお世話になりました。イベントを開催させてくれたお店、主催者の方、そしてアンテナにひっかかり、参加してくれたたくさんの方、ありがとうございます。

また各社の編集者の方も大変お世話になりました。いつも遠く離れたアフリカから日本のお仕事をさせていただいて、感謝しています。おかげ様で今年は、日本の教科書作りにも少し携わることができたり、雑誌でアフリカの子供たちを紹介するなど、やり甲斐のあるお仕事をさせていただくことができました。

そして帰国の時に幾度となく「いつもブログ読んでます」とか「忙しくてもついつい立ち止まって読んじゃうんですよね」とか言ってもらうことがあった。このような言葉にはものすごい力がある。素直に本当にうれしい言葉です。ありがとうございます。

そんなシソドワのブログをいつも読んでくださっている方々、今年も私の綴るアフリカの暮らしや想いを、読んでくださってありがとうございます。たくさんの方々に支えられて私がいます。この年の瀬に、改めてこの感謝の気持ちを伝えたい。お会いしたことのある方も、したことのない方も、本当にありがとうございます。

そして来年も私は私らしくいたいと思います。

それでは、みなさま、良いお年を。
アフリカの空の下から愛をこめて❤️

One Love! One heart!
Wish your happy new year!




スポンサーリンク

FiNCFitボディデザインブログラム





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/554-0d4a61b3
該当の記事は見つかりませんでした。