「エシカル」ってなんだっけ? 消費するだけで社会が良くなる魔法の言葉。 - sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


日々のこと・日々の想い

「エシカル」ってなんだっけ? 消費するだけで社会が良くなる魔法の言葉。

pexels-photo-207962.jpeg


はじめてのエシカル」の著者であり、エシカル協会代表理事の末松里花さんの講演に行ってきた。シソドワが長年作品を置かせていただいているフェアトレード のお店「緑々」の店主の緑さんのお誘いだ。

最近「エシカル」という言葉をよく聞く。ライターという仕事上、エシカルという言葉は知っていたものの、きちんと定義できるまでの理解はなかった。(エシカルというのはそもそも形容詞なので、名詞が次にくる)

エシカルとは「倫理的」とか「道徳的」だというとても大きな意味がある。世の中でたくさん起こっている環境問題や人権問題などを解決する一つの方法として今、「エシカル消費」という消費の仕方が注目されているのだ。

それを説明する上で、里花さんが用意してくれたYou Tubeの動画が、とてもわかりやすいので、リンクを貼る。

https://www.youtube.com/watch?v=KfANs2y_frk


英語なので、多少わかりにくい人もいるかもしれないが、大まかに説明すると€2のTシャツが買える自販機を街中に設置し、お金を入れたらそのTシャツがどのように作られているのかという背景の情報が出てくるという内容だ。最後に「購入」するか「寄付」するかを選べる。里花さんのお話ではこの時、100%の人が寄付することを選んだという。

この動画は「People care when they know」という言葉で最後をくくっているのだが、この動画はまさその言葉を表している。破格に安いものなどには、その裏に大きな代償がある。しかしその裏側を知らないのなら、私たちは気遣うこともできない。そして知らず知らずのうちに、かわいい商品やおいしいものを購入するという形で、その現代奴隷や児童労働を始めとする、世の中に存在してはいけないようなシステムをサポートしてしまっているのだ。




私たち一人一人が行なっている「消費」という行為は実は個人的な行為ではなく、その行為によって、その商品が作られる工程にいる人たち全ての暮らしにつながっていること、それを私たち消費者は忘れがちだ。日々行われるこの消費。この消費がポジティブに社会に影響を与えていたとすれば、それだけで世の中が変わり始める。

生産者の暮らしまできちんと考えられている商品。買い物をしてみると、実はそのような商品を判断することは難しいことだと気がつく。特にファッション業界は海外で大量生産で作られていることが多く、また流行があり、めまぐるしく新しいデザインを次から次に買い求める時代だ。

しかしネットなどでフェアトレード 商品、地産地消、伝統工芸(これもエシカル商品になるという)エシカルブランドなど、知ろうとすれば、たくさんの情報がヒットする。そしてそれらの商品は意外にもとてもおしゃれだったり、おいしかったり、いい品質だったり、破格的な安さはなくてもべら棒に高くもない。

「もし仮に破格に安いTシャツを3枚買えるのを、フェアトレード Tシャツが一枚買えなかったとしても、その一枚のTシャツを長く大切に着ることで、安いTシャツを買いまくるよりもお得になり、社会にもいい影響が与えられます。」

講演中、情熱的に語る里花さんの話は聞いていると、そのエネルギーにこちらまで熱くなってくる。活動家になるのではなく、普段の暮らしの中で私たちにできることがある。そんな勇気が湧いてくる。

34308075_1673325542755657_2701466688959807488_n.jpg


私の暮らしに目を向けて見る。
アフリカでミニマムな暮らしを始めて、無駄な消費というのはほとんどしてこなかった。自分で気に入って購入したもの、友人の手作りのもの、母親や友人にいただいたお下がりを大切に大切に着ている。穴が開けばダーニングなどの手法を使って、またひと味プラスできる。買うものも吟味する。欲しいものを探さない。本当に必要なものを買う。

必要なものだけ持っていれば、必然的に大切なものになるのだ。日本に移住しても、ミニマムな暮らしでいたい。本当に必要なものを大切にして暮らしたいのだ。アフリカから日本に帰ってきた時、私たちの荷物は本当に少なかった。でもないものだらけではない。必要なものは持っているのだ。

そしてシソドワの作品たち。
私はいつも何か落ちてないかな〜(木の種とか)と思って道端や公園を歩いている。なので私の作品に登場する地球のかけらたちは、私が拾い亜麻仁油をつけたものや、アップサイクルのもの、人から譲ってもらったものなどが多い。

IMG_6478_20180604165515179.jpg
(我が家で育ったガヴァの実で作ったピアス。)


そもそもエシカルなんて言葉を意識してものづくりはしていなかったけど、自然を愛する心、もったいない精神から結果的に随分とエシカルな作品なんだと気がつく。
これからも作品を作る中で、自分の作る作品が社会や地球にもたらす影響を意識したいと、彼女のお話を聞き、再確認した。

「おたがいさま」「おかげさま」「足るを知る」「もったいない」「五方よし(売り手よし。買い手よし、世間よし、作り手よし、未来よし。)」。里花さんはこれらがエシカルな考え方だと言った。それって日本の古くからの考え方でもあるし、アフリカンな考え方でもある。っていうかそれってきっと人間の基本なのかもしれない。

「エシカル」って言葉が小難しく聞こえてしまうけど、里花さんのお話を聞いていると、実はポジティブな社会と自分を結びつけるような、魔法のような言葉に聞こえてくる。とってもシンプルなこと。当たり前のこと。そして全てをエシカルな生き方にシフトすることが難しくても、一つずつから。里花さんの講演でそう意識して暮らすことの大切さを感じたのだった。そしてここで聞いたお話を少しでも多くの人たちとシェアすること。それもまたエシカルなムーブメントになるのだ。


34039386_1673325569422321_4032551812190961664_n.jpg




スポンサーリンク

FiNCFitボディデザインブログラム





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/564-b1fbe0e1
該当の記事は見つかりませんでした。