お誕生日おめでとう。長男に送る愛のメッセージ。 - sisodwa
FC2ブログ
sisodwa2017tittle.jpg
MENU


日々のこと・日々の想い

お誕生日おめでとう。長男に送る愛のメッセージ。

38257343_1723177961065280_6099405824394788864_n.jpg


長男サナが今月4日に8歳になった。

日本で迎える初めての誕生日。
サナは朝からご機嫌だった。

私は連日のキャンプ続きで疲れが一気に押し寄せ、熱と咳に寝込んでいたのだが、我が家ではじいじとばあばがサナの大好物に加え、ケーキとプレゼントまで用意してくれていた。本当に感謝し尽くせない。

大好物の鯛のお刺身と、唐揚げを頬張りながら、「おいしい。おいしい。」とご飯をおかわりして食べたサナ。

そして夜、南アフリカに住むセコに電話する。
彼は電話の向こう側で、ハッピーバースデーを歌ってくれた。

嬉しそうなサナと、キャッキャと笑うンペポ 。
私は一番感動して、思わず涙を流していた。
本当はそばで一緒に祝ってあげたかっただろうに、いつも一言も泣き言を言わない彼は本当に強い人だ。

そしてSNSを通してアフリカの家族からお祝いのメッセージが届いていた。
そのお祝いのメッセージに親戚中が賛同して、私はそのメッセージを見ながら再び感動した。そして改めて彼のルーツを考えていた。

サナはトランスカイ(南アフリカの我が家がある場所)生まれ、トランスカイ育ちだ。
家畜の面倒の見方から、屠り方など、いろんなことを父親に習いながら育ってきた。

日本に来て5ヶ月、それはサナにとって本当に新しい環境に飛び込んでチャレンジ続きの5ヶ月だった。
外国人を多く受け入れる学校に転入が決まったけれど、それでも自分の拙い日本語や、容姿が他の日本人と違っていることを感じざる得ないことだろう。

しかしこの5ヶ月で彼の日本語はかなり上達し、漢字まで書けるようになった。

ある日、妹のンペポ が「日本人に生まれたかった〜」と、漏らした。彼女の通う幼稚園で、なんで髪の毛がクルクルなのかなど園児に聞かれたりして、そう感じたのだろう。

そんな彼女にサナは「僕たちのお父さんは南アフリカ人なんだ。僕たちは南アフリカ人でもあるんだよ。だからみんなと髪の毛が違うけど、でも日本人でもあるんだよ。」と説明していた。その姿がどれだけ頼もしく見えたことか。

私はいつでも彼らのルーツに誇りを持って欲しいと願っている。
彼らは「日本人」でもあり、「南アフリカ人」でもあり「コサ族」でもあり「カラード(南アの混血の人々)」でもあり、「ハーフ」でもある。なんと自分のアイデンティティを定義するかは、彼らの自由だ。それでも自分であることに自由であって欲しいと願っているし、自信を持ってもらいたいと思っている。そのために、両方の文化を知ることは大切なことだ。

子供達を見ていると、本当に未来の人間なんだな、と感じることがある。
正直、彼らに人種はない。人種という壁は生まれながらに超えている。
これからの未来を明るく照らして欲しいと希望を持たずにはいられない。


サナ、8歳のお誕生日おめでとう。
ママはサナのことをとてもとても誇りに思っているよ。
これからもスクスク大きくなって、自分のやりたいことを見つけて、自由に羽ばたいてください。






スポンサーリンク

FiNCFitボディデザインブログラム





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sisodwa.blog22.fc2.com/tb.php/566-6d7ca151
該当の記事は見つかりませんでした。